ブレア1歳の体重と狂犬病のワクチン

th_th_th_DSC05239-1(ドラッグされました)
昨日5月5日、GWもそろそろ終盤。
ところが昨日は朝から雨。
予定していたことも延期し、久しぶりにゆっくりしようということになった。
th_th_DSC05366-1(ドラッグされました)
とにかく朝からゴロゴロして、のんびり過ごす。
th_th_DSC05362-1(ドラッグされました)
マロンもブレアもうめちゃんにべったりで片時も離れない。
th_th_DSC05343-1(ドラッグされました)
そんな一日が終わるころ、そろそろ狂犬病のワクチンでも接種しに行こうかということになり、
早速、動物病院へ連れて行った。
th_th_DSC05223-1(ドラッグされました)
まずはマロン、体重6,3㎏。
1ヶ月ほど前に6,7㎏まで増えてしまい注意されていたので取りあえず安心。
現在が適正体重。
th_DSC02129.jpg
ブレア、今月末で生後ちょうど1年。
体重5,14㎏。
気になるほどでは無いが少しばかりやせ気味ということ。
成長期なので多めにゴハンをあげていたのだけれど、まだ少ないくらいだったか。
th_DSC02110.jpg
さて、ワクチン接種。

去年、マロンは狂犬病のワクチン接種の際に「きゃいんっ」と声をあげた。
今年はまず診察台に載せられた時点でうめちゃんに抱っこをせがんでしがみつく。
そこを看護師さんに押さえてもらって接種時は意外にも無言。

ところが、接種が終わってみんなに「頑張った!頑張った!」と褒められた途端、
なぜかそのタイミングで「きゅい〜ん きゅい〜ん」と鳴きだした。

安心したら思わずほろり・・・・の人間みたい。
初めて聞くマロンの声に、うめちゃんはマロンを抱っこして診察室の外でマロンをなだめる。
th_th_DSC02130.jpg
お次はブレア、
想像通り、注射をされているときもケロリ。

ちょっと臆病で弱虫な姉のマロンと、たくましい妹のブレア。

アンバランスなふたりの様だけれど、プラスマイナスするとちょうどいいバランス。
これからもこんなふうに仲良く過ごしてね。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント