キャバリアと保険

th_DSC08635.jpg

ブレアの加入している保険の更新時期がやってきた。
キャバリアならばできるだけ入っておきたい保険。

ほんの小さな気がかりでさえ軽い気持ちで病院に連れて行ける保険。

th_DSC08629.jpg

今年、ブレアは避妊手術や足のケガをしたこともあり病院へ通った回数は13日。
保険の利かない避妊手術と狂犬病の日を抜かすと計11日。

th_DSC08626-1(ドラッグされました)

避妊手術や予防接種の金額以外の1年間の医療費は合計10万円越え。

(実際に払った金額は保険が利いているのでその30%)

保険会社へ払う保険料は1年で33600円。

優に4万円は得したことになる。

th_DSC08625-1(ドラッグされました)

持病が見つかってからではその病気に対して保険は対応してくれない。
そして、今回のブレアのようにケガばかりは予想がつかない。

th_DSC08642-1(ドラッグされました)

マロンとブレアの保険は、本当の意味で「保険」になってくれている。

th_DSC08647.jpg

これからもずっと健康でいてほしいけれど、
明日急に体調を崩すかもしれない。
そればかりは誰にもわからない。

th_DSC08632.jpg

そんな時、小さな変化でもすぐに病院に連れて行けたらと思う。
手遅れだけはどうしても避けたい。

あの時病院に連れて行っていれば。
そんな後悔だけは絶対に避けたい。

マロンとブレアがずっと健康であるように、
この保険はマロンとブレアの健康を思えばずっとずっと安いもの。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント