マロン急きょ病院へ。

th_DSC00642.jpg
先週の金曜日にマロンが寝ていた場所を見るとすごい水たまりの跡に気づいた。
すごいヨダレの跡を見ながら「熟睡していたのかな」なんてうめちゃんと笑って話していたけれど、
そのヨダレがマロンが起きているときも出ていることに気づく。
th_DSC04406.jpg
元々口タプの少ないマロンはほとんどヨダレを垂らすことは無い。

「犬 ヨダレ」でパソコンを検索すると、

「歯に物が挟まったりしているとき(異物除去のため)」
「口内炎や歯肉炎(患部を治そうとするため)」
「毒性のあるものを誤飲したとき」
「熱中症」
「レプストピラ症やジステンパー」などなど・・・・・・

小さなことから大きな病気まで。
th_DSC04398.jpg
食欲は変わること無くあるし、遊ぼう遊ぼうとのお誘いもいつもどおり。
ブレアとも元気に遊んでいるし、具合が悪そうなことも無い。

けれど昨夜、うめちゃんの上でのうたた寝で、
うめちゃんのズボンに20センチくらいの大きな大きなシミができた。
やっぱりヨダレの量が普通じゃ無い。
th_DSC04393.jpg
ヨダレがすごいので、夜眠るときにはタオルで拭きながら眠った。
それでもいつの間にか気づくと、お布団のカバーはぐっしょりと濡れていた。
th_DSC04392.jpg
朝方4時頃になって、マロンがえづくような様子を見せる。
ベッドから降りてリビングへ行き、吐きたいのに吐けないような苦しそうな感じ。

ブレアもびっくりして、リビングのマロンの元へ走って行く。

落ち着いたところでベッドに戻し、暖かくして寝かしつける。
その後朝まではぐっすりと眠った様子だった。
th_DSC04377.jpg
この日、マロンはうめちゃんとエリカの間の足下あたりの布団の中で丸まって寝ていた。
ちなみにブレアは人間同様マクラに頭を置いて仰向けで寝ていた。
th_DSC04335-2.jpg
朝、起きたら私のグレーのスウェットの右膝下が色が変わるほどびっちょり。
起きてきたマロンは行水でもしていたかのように、
胸毛、手足の先、耳が濡れていた。

どう考えても普通じゃ無いヨダレの量。
th_DSC04387.jpg
今日、仕事だったエリカは急きょ仕事を休み、
マロンを病院へ連れて行くべく準備を始める。

マロンのヨダレだらけのシーツや布団カバー、クッションやタオルを洗わなければいけないし。

ちょっと長くなってしまったので、2回に分けます。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご心配おかけしました。

chitchiさん・のんママさん

大変ご心配をおかけしました。
おかげさまで検査の結果以上は無く軽い胃炎という診断結果でした。
家に帰って処方された薬を服用させたところ症状もかなり改善してきました。
もうしばらくは様子見ですが、たいしたこと無いみたいで一安心です。
コメントありがとうございました。

大丈夫かな?
心配。。

言葉が話せない我が子の異変は本当に心配ですよね。何事もないように祈っています。