FC2ブログ

真夜中のキャン!!で病院騒動

th_IMG_5613.jpg

先日の夜中。
寝室で寝ていたマロンが「キャンッ!!」とひと鳴き。

th_IMG_5609.jpg

何事かとビックリして、マロンの様子をうかがうと何かに怯えた様子。
どこか痛いのか、何かあったのかと調べてみてもおかしなところは無い。

その後は普通に寝ていたので、そのまま朝まで様子を見たのだけれど
翌日の朝もソファの上で移動するときに「キャンッ!!」とひと鳴き。
なんだか不安げな様子。

th_367241.jpg

不安そうなこと以外は足を引きずる様子も無いし、食欲もあるのだけれど、
念の為病院へ連れて行くことに。

th_IMG_5620.jpg

問診ではひとつひとつ関節の診察。
手足を曲げたり伸ばしたり。

特にいたがる様子も鳴く、むしろ気持ち良さそうにストレッチ。

th_IMG_5622.jpg
↑診察台に載せるといつも腰が抜ける

心配なので、エコーの検査と血液検査。
人間の健康診断で行う項目よりもたくさんの項目をリクエスト。

結果は問題無し。
血液検査は何一つ引っかかることなく全て正常値。

エコーの検査でも内臓には異常なし。

th_IMG_5623.jpg

そういやマロン。
小さな頃から、思いがけないこと起きたりすると(特に自分が想像していたことと違うことが起きたとき)
「キャン!!」ひと声鳴くことがあった。
最初の頃はすぐに「キャン!!」と鳴くので、心配していたけれど、
どうやら「キャン!!」はマロンの「いやん!!」という言葉らしい。

まさか今回もそれなのか。

その話をすると先生も「マロンちゃんは女の子ですねー」と笑ってる。
「怖い夢をみたのかもしれませんね」ということで取りあえず家に帰る。

th_37851.jpg

そして家に帰ってからマロンのおしりの毛の中からこの小枝が発見される。

まさか・・・・・

どうやらこの小枝が悪さし、マロンのおしりに違和感を与えていたらしい。
動くたびにおしりに当たるこの小枝に、マロンは一生懸命「いやん!!」と言っていたようだ。

小枝を取り除いてからは「キャン!!」と鳴くことは無くなった。

いや、マロン・・・・
しょぼい。しょぼすぎる。

うめちゃんは、そんなマロンが女の子らしくてかわいいとメロメロです。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト