2017年6月12日 韓国ソウル旅行 明洞・北村・東大門

th_Untitled0001_20170616154240d0d.jpg

2017年6月12日(月)。
この日も晴天。

th_Untitled0002_201706161542412db.jpg

8時半にホテルのロビー待ち合わせ。
朝ご飯を食べに向かいます。

「香苑 ヒョンウォン」
化学調味料を使わない優しい味のお粥を楽しめるお店として有名らしい。

うめちゃん、牡蠣と牛肉のお粥。
エリカ、アワビのお粥をチョイス。

th_Untitled0003_20170616154243db9.jpg

お粥を食べた後はもう一カ所食べてみたい物があってはしご。
「明洞コロッケ」
ところが、下調べ足りず。
月曜日が定休日で閉まったお店の前で立ち尽くす。

まぁ、目の前の明洞聖堂を見ることが出来たから良しとしよう。

韓国のスタバも取りあえず飲んでおく。

th_Untitled0004_20170616154219107.jpg

せりちゃんとアユさんが金浦空港に到着した連絡あり。
ホテルに付くまで明洞の街中をウロウロ見て回る。

th_Untitled0005_201706161542205ff.jpg

「荷物を預けてホテルの入り口にいる」とのことだけど、
ホテルの入り口が2つあってなかなか出会えない。

th_Untitled0006_201706161542215c1.jpg

・・・・・・でやっと!!
待ってました!!合流。

th_Untitled0007_20170616154223ca1.jpg

やっつけで見つけたサムギョプサルのお店で取りあえずお昼ごはん。
店の名前はわからず。

th_Untitled0008_20170616154225df1.jpg

そしてそのままデザートのお店に移動。
人気のお店でとても混んでいたけれど、店員さんが手際よく席を準備してくれる。

th_Untitled0009_20170616154156d46.jpg

釜山発祥のピンス(かき氷)店「ソルビン」
フワフワのパウダースノーの上にきな粉とお餅がたっぷり乗っているかき氷が名物。

th_Untitled0010_20170616154158fe2.jpg

甘い物を食べてお腹を満たした後はタクシーに乗って「北村 プッチョン」に向かいます。

th_Untitled0011_20170616154200a51.jpg

6人いるのでタクシーは3人ずつに分かれます。
現地、北村で集合。

th_Untitled0012_201706161542013f7.jpg

到着してすぐのお店でチマチョゴリをレンタル出来るお店を発見。
チマチョゴリを着て街中を歩きたい!ということでみんなで衣装チェンジ。

th_Untitled0016_201706161541456b0.jpg

好きなカラーを選んでみんなでワイワイ。
更衣室から出てきたお互いの姿に大笑い。

th_Untitled0015_20170616154144e4a.jpg

1時間1万ウォンなので1000円くらい。
帽子やバッグをプラスしていくたびに200円ずつ加算されていく方式。

th_Untitled0013_2017061615420230f.jpg

みんなでやるから面白い。
ぞろぞろ歩く王様とそのご一行。

th_Untitled0014_2017061615414250a.jpg

北村は韓国の伝統家屋が残るエリア。
古風な街並みに風景を壊さないような洗練されたカフェがあったりして、
とっても素敵な雰囲気。

th_Untitled0019_201706161541287c0.jpg

その中で選んだのが「金静軒」

th_Untitled0018_2017061615414882c.jpg

昔ながらの韓国の家みたい。

th_Untitled0017_2017061615414782c.jpg

チマチョゴリを脱ぐのが惜しいけれど、
そろそろ次の場所へ向かう時間。

いつもの自分に戻ります。

この辺り、走っている流しのタクシーが少ないばかりか、
タクシーを見つけてもたいてい人が乗っている。

仕方なく近くの駅まで15分くらい歩きます。
「安國 アングク」駅の周辺でタクシーをGET。

向かった先はソウル駅。

th_Untitled0020_20170616154129ce0.jpg

18時40分。
ロッテマートで食料品の調達。
夕方の時間とあってスーパーマーケット中は大賑わい。

th_Untitled0021_20170616154130bf3.jpg

人混みの中に試食しまくっているアユさんを発見。
帰る頃にはみんな大きな荷物を抱えるほどに。

th_Untitled0000.jpg

ここからは明洞駅まで地下鉄で向かいます。
地下鉄料金が激安な上に、改札を出た後に保証金500ウォン(50円)が返ってくる。
こんない安くて大丈夫なのか。

ホテルに戻って大荷物を置いて、次の場所に向けて出発。
・・・・・・と思いきや、疲れた足がマッサージ店に引き寄せられる。
ホテルのすぐ近くの「休息」というマッサージ屋さん。
マッサージ店入店時刻21時。
マッサージ店退店時刻22時30分。

th_Untitled0022_20170616154132191.jpg

さて、気を取り直して再出発。

この日はタクシーがなかなか捕まらない。
地元韓国の人はタクシーを予め予約してあるみたい。

タクシー止まった!と思っても、すでに予約済みなんてことが続く。
やっと捕まえたタクシーで今度は「広蔵市場 クァンジャン・シジャン」へ。

th_Untitled0023_2017061615413423a.jpg

ソウル市内中心部にある100年の歴史を持つ大人気の市場。
ディープな韓国が感じられる屋台グルメを楽しめる場所。

th_Untitled0025_20170616154116d0c.jpg

23時過ぎから夜ごはん。
ピンデトッという緑豆チヂミだそう(by アユコ)

th_Untitled0026_20170616154117b7e.jpg

店内に使い古しの割り箸とかアルミホイルとか、紙コップとか
色々落ちているけれどそんなの誰も気にしない。
むしろその雑多な感じが笑えるほど。

マッコリとチヂミでみんな楽しそう。

th_Untitled0024_20170616154115a36.jpg

お店を出て、今度は屋台でキムパ(韓国海苔巻き)を食べ歩き。

th_Untitled0029_20170616154055fab.jpg

「広蔵市場 クァンジャン・シジャン」から東大門まで徒歩15分弱。
真夜中の道をみんなで歩きます。

東大門2日目の夜。

th_Untitled0028_20170616154120de6.jpg

韓国ではどこにでもある「The Coffee Bean & Tea Leaf」
もちろん東大門にもありました。

深夜1時頃過ぎにみんなでカフェタイム。
眠いのと旅行の高揚感でなんか変な感じ。

右下の写真は帰りがけに買った「Isaac(イサック)トースト」
24時間営業。
アツアツの鉄板でお砂糖をふったパンをバターで焼きます。
間にはハムやチーズを挟んだり、メニューによってはプルコギを挟んだり・・・・
出来上がりはフレンチトーストのホットサンドみたいな味。
韓国のファストフード。

深夜、寝る前にこの高カロリーな夜食。
日本では怖くて出来ないこの行動も旅行に来たからには怖くない。

th_Untitled0027_20170616154119bbc.jpg

何なのこのポーズ?!でまたしても大笑い。

ソウルを歩いているとみんな赤やピンクのリップを付けていて、
それがとってもかわいい。

女子三人、東京では付けないような真っ赤なリップを買ってソウルに溶け込んだ感じ。
カラフルな韓国の空気にやっと慣れてきた。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント