2017年6月11日 韓国ソウル旅行1日目 明洞・東大門

th_Untitled0001_20170615195016491.jpg

2017年6月11日(日)。
ボーディング直前に搭乗口でポンド家のマサとminさん合流。

全日空8:40羽田発。

偶然も席が同じ列。

th_Untitled0002_2017061519501873c.jpg

11時過ぎには金浦空港に到着。
真っ青な空!!快晴です。

何もわからぬまま乗ったのはジャンボタクシー。
リムジンの様な車内!!
日本に帰ってから韓国タクシーについて色々調べてみると、
 
・一般タクシー:オレンジだったりシルバーだったり。金浦から明洞まで2万ウォンが相場。
 ・模範タクシー:ブラック。金浦から明洞まで3万ウォンが相場。
 ・インターナショナルタクシー:一般・模範でも車体に「International Taxi」の表記。
                運転手が英語や日本語など多少話せる。
 ・ジャンボタクシー:大型の9人乗り。金浦から明洞まで5万ウォンが相場。

・・・・と大まかに4つに分かれているらしい。
今回乗ったのはジャンボタクシーで明洞まで4万5千ウォン。
今思うとちょっぴり高価だったけれど、
みんなで一緒に乗るのならスーツケースがあったので、
どちらにせよ普通のタクシーでは無理だったかな。

th_Untitled0003_201706151950198d1.jpg

空港から40分ほどで明洞に到着。

th_Untitled0004_20170615195021f01.jpg

今回泊まったホテルは2015年1月出来たばかりのロワジーホテル。
明洞駅の真上にあるのでアクセスにとても便利。

th_Untitled0005_20170615195022723.jpg

まず向かったのは新鮮なフルーツがたっぷり使われたパフェで
今、韓国で話題を集めているカフェ「カフェ ド パリ」

韓国らしくない店名が残念だけれど、日本にはまだ未上陸の注目店。

フルーツとクリーム&スムージーのパフェ「ボンボン」シリーズが看板メニュー。

th_Untitled0006_20170615195031109.jpg

[広告] VPS


夕方になると屋台がたくさん並ぶ明洞ギル(明洞通り)

th_Untitled0008_2017061519503483d.jpg

洋服などの衣類はもちろん、
フルーツカップや海鮮串、おでんにソーセージ串まで見ているだけで目移りしちゃう。

th_Untitled0007_20170615195033742.jpg

焼き小籠包みたいなやつと、ホットケーキ生地の上に卵が乗ったタマゴパン購入。

th_Untitled0009_20170615195036e8a.jpg

その後は明洞の街を探索。

ロッテの免税店に行ったり、スニーカーを見たり。

th_Untitled0011_20170615195055a2a.jpg

夜ごはんは明洞のヘムルタン横丁(海鮮横丁)にあるお店。
お箸袋に書いてある漢字「寿福康寧」が店名だと思って写真に撮っておいたけれど、
日本に帰ってから調べてみると「長寿幸福 平穏無事」と書いてあっただけらしい。

結局お店の名前がわからず仕舞い。

th_Untitled0010_20170615195038b32.jpg

韓国牛の焼き肉コース。

[広告] VPS


[広告] VPS


サンナクチ(生だこの躍り食い)。
気持ちがわるいけれど、ただのタコです。

th_Untitled0012_2017061519505741f.jpg

食後は「The Coffee Bean & Tea Leaf」でコーヒータイム。
日本ではまだ少ない「The Coffee Bean & Tea Leaf」は韓国では至る所にある感じ。

th_Untitled0013_201706151950581cf.jpg

次は明洞駅からタクシーで東大門をめざします。
この時点でだいたい22時過ぎ。

th_Untitled0014_20170615195100574.jpg

タクシー15分弱で東大門到着。
料金は5万ウォン程度。
夜の割増料金で500円なら安い安い!

th_Untitled0016_20170615195108e50.jpg

日曜日の夜なので、閉まっているお店もあるらしいけれど、
それでも東大門は人・人・人!!

th_Untitled0015_201706151951017e2.jpg

みんな、明日から仕事じゃないの?とこっちが心配になるくらい。
日曜日の夜にこの活気。
日本では考えられない光景。

th_Untitled0017_201706151951100a5.jpg

東大門のシンボル的存在、2014年に誕生した「東大門デザインプラザ&パーク」
ザ・ハディッドがデザインした近未来的な姿。

博物館や展示館などさまざまな施設が入っているそう。

th_Untitled0018_20170615195111596.jpg

清渓川。

この辺りの問屋街やデパートは、
営業時間が朝10時頃から朝方の5時頃までという不思議な営業時間。
中には朝の8時〜早朝の5時までなんていうデパートもあって、
殆ど休み無く開いている感じ。

観光客は夜通し遊べるから思う存分1日を楽しめる。

th_Untitled0019_20170615195113a73.jpg

ムートンや革ジャンなどの革製品ばかり売っているフロアや、
バックばかり売っているようないかにも小売店というお店から、

普通のオシャレなデパート風なのに、2枚ずつしか買えない実質問屋のお店なんかも。

ごくごく普通のデパートもあり。
全部見ていたらそれこそ朝になっちゃう。

th_Untitled0020_201706151951146d8.jpg

せっかく来たのだからと、この日は東大門=興仁之門(フンインジムン)も見学。

th_Untitled0021_20170615195122ac9.jpg

早起きして飛行機に乗ってあっという間に韓国。
ホテルに帰って寝た時間は深夜2時過ぎ。

20時間以上起きていたことになる。

疲れていて眠いけれど、もったいない気持ちが大きすぎてついつい夜中まで遊んじゃう。
この日以降、日本へ帰るまで連日東大門で真夜中過ぎまで遊ぶことになると、
みんな予想をしていたかどうか・・・・・・・。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント