時が止まったロマン 銚子電鉄の終着駅「外川駅」

th_DSC08135.jpg

銚子電気鉄道の終着駅「外川(とかわ)駅」

th_DSC08166_2017051322250913c.jpg

大正12年に建築された風情のある木造駅舎。

th_Untitled46238768.jpg

NHK朝の連続ドラマ小説「澪つくし」のロケ地として登場したこともあるそう。

th_Untitled46238766.jpg

手書きの時刻表、古びたベンチ、長い年月を物語る木造の駅舎。

th_Untitled46238767.jpg

確かにそれだけで映画やテレビのセットみたい。

th_Untitled46238769.jpg

まるで映画のワンシーンのような駅の佇まい。

th_Untitled46238765.jpg

大正、昭和、平成と長い時間をかけて、たくさんの人の思い出が詰まってる。
ずっといつまでもこのまま残ってくれたらいいな。

th_DSC08131.jpg

最後に展示してある電車の窓からパチリ。

th_Untitled7203894751.jpg

さて、駅舎から一歩外に出ると海へと続く長い坂道が見える。
坂道をの先にはキラキラと輝く海。
その坂を下って海を目指す。

th_Untitled46238771.jpg

何気ない風景だけれど、坂に沿って建つ民家の間をすり抜けて海へ出る感じがワクワクする。
10分ほど歩いて坂を下ったところは外川漁港。

昔ながらの日本の港町。

th_Untitled46238770.jpg

帰りは東関東自動車道の佐原PAに寄り道。
展望台からの眺めは夕暮れと重なってなんとも淡い彩りで。
1日が終わってしまうことをなんとなく寂しく感じる。

ゴールデンウィークは横須賀からはじまり、小田原、銚子と
毎日毎日、楽しい予定をたくさん考えてくれたウメちゃん。
長距離のドライブを本当にありがとう!!

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント