よし!警察犬になるぞ。

th_DSC04837.jpg

マロンとブレアはドッグトレーニングというものに行ったことが無い。

ここ最近お気に入りの「イーノの森ドッグラン」の会員になり、
そのサービスとして1回だけ1000円引きでトレーニングが受けられると聞き、
何を思ったか突然トレーニングとやらを受けてみようという運びになった。

先生は警察犬を訓練する先生でもあるらしい。

th_Untitled768636.jpg

前もって受講を申し込むにあたり、マロンとブレアの問題点を考えてみる。

マロンは吠え癖も引っ張り癖もなく、特に困ったことはない。
しいていえばお散歩の途中で歩かなくなってしまうこと。

ブレアは引っ張り癖とドッグランを目の前にしたときの興奮吠え。
そして「おいで」コマンドが100%でないこと。

よって、マロンは「やる気スイッチを見つけてもらう」が今回の目標。
ブレアは「引っ張り癖、要求吠え、おいで」のレッスンが目標。

th_Untitled768637.jpg

レッスンが始まって少しの段階でマロンのレッスンは修了。
元々問題点のないマロンには「やる気スイッチ」の方法を教えてもらうだけ。

問題はブレア。
マロンで余った時間は全てブレアに費やされるという恐ろしさ。

引っ張り癖は1回のレッスンでだいぶ変化が見られた。
意外にも大きな問題は「おいで」だった。

「おいで」コマンドで「嫌な予感」を感じてしまうブレア。
これは日常の生活で根気よく直していかなければいけないこと。
「長い目で見てください」と言われてしまう。

th_Untitled768635.jpg

ちなみに先生が「おいで」をするとマロンはいつも通り喜んで身体をスリスリ。
うめちゃんや私の「おいで」では見向きもしないブレアが
先生の元へは走って行く。

う〜ん。。。。。複雑。

th_DSC04897.jpg

問題点の指摘は、改めてマロンとブレアとの関係を考えさせられる。

トレーニング前の車の中で
「マロンとブレアが警察犬になったら・・・・」なんて話題をしていたけれど、
マロンが警察犬になったらきっと「食いしん坊」の威力は発揮するだろう。
食べ物目指してまっしぐら。
「美味しいものはすぐに見つけ出します!!」がキャッチコピーの警察犬。

そしてブレア。
たっぷりマロンの時間までを使ってトレーニングするも、
まだまだ始めの一歩を踏み出したばかり。
いつか優秀な警察犬に・・・・・・というのは冗談にしても。

せめて「おいで」は覚えよう。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント