小谷流ドギーズアイランド マヌー家と偶然の出会い

th_DSC00600.jpg

先週のこと。

th_Untitled892374.jpg

またまたやって来た小谷流ドギーズアイランド。

th_Untitled892375.jpg

午前中は仕事が入っていたため、仕事が終わってから準備をして13時半過ぎに自宅を出発。

th_Untitled892380.jpg

到着時間14時半過ぎ。ちょっと遅めのスタート。

th_Untitled892381.jpg

日中の一番暑い時間を過ぎていたからか、この日は風が涼しいくらいだったので、
プールでの水遊びはそこそこにドッグランをメインで。

th_Untitled892376.jpg

いつも同じブログになってしまうけれど、この日は登場人物がちょっと違う。

th_Untitled892379.jpg

マヌー家と偶然の出会い。

th_Untitled892377.jpg

代官山のお散歩以来。

th_Untitled892378.jpg

腹ごしらえは前回も行った新しく出来たちゃんぽんのお店「小谷流軒」

th_DSC00589.jpg

いつも帰り際に、店頭で売っているワンコ用石焼きササミを買って帰るのだけれど、
モタモタしているうちにすでに売り場は終了。

17時で撤収してしまうらしい。

ササミを期待しているマロンとブレアに、うめちゃんがショップでジャーキーを買ってくる。
いつもより固いけど我慢してね。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサーサイト

2017年6月14日 韓国ソウル旅行 最終日

th_Untitled0001_20170618121839db4.jpg

2017年6月14日(水)。
日曜日からの韓国ソウル旅行もいよいよ最終日。

th_Untitled0002_2017061812184112b.jpg

朝ご飯はこちら「武橋洞プゴクチッ ムギョンドンプゴクチッ」
明洞から行くと、「乙支路入口 ウルチロイプク」駅を超えたところにあるお店。
歩いて10分くらい。

th_Untitled0003_20170618121842dba.jpg

1968年創業でメニューはプゴクチッという牛骨スープに干しダラを加えて煮込んだ
さっぱり味のスープ。

メニューはこれしか無いので、席に着くと有無を言わさず運ばれてくる。
料金は一律7000W。

th_Untitled0004_20170618121844798.jpg

明洞から少し離れたこの辺りは雰囲気ががらりと変わる。
地図を見るとIBK企業銀行・KEBハナ銀行・釜山銀行・・・・・といった銀行の本店や
ソウル市庁、証券会社とちょっとお堅い雰囲気。

明洞駅付近では見かけなかった服装の出勤途中の人たちが駅から流れ出てくる。

th_Untitled0005_20170618121845d96.jpg

ロッテ百貨店前の南大門路。
初日にも来た場所に最終日も立ってみる。

朝9時過ぎの明洞の繁華街。
まだ人も少ない。

この景色ももうすぐ見納めか。

th_Untitled0012_201706181219185b1.jpg

今回泊まったホテルは明洞駅の真上に位置する「ロワジールホテル・ソウル明洞」
下の階は東大門にもあったミリオレという商業施設の明洞店。
その上の3階〜17階がホテルになっている。

th_Untitled0015_20170618121920e5b.jpg

サイトによっては5ツ星ホテルにランクされているけれど、
泊まった感じは4ツ星ホテルくらい。

2015年1月にオープンしたばかりなので、お部屋はこざっぱりとしていて清潔感がある。

th_Untitled0009_201706181219210d6.jpg

廊下は薄暗い感じで、昼も夜も変わりがないくらい。
エレベーターホールに出ると一気に窓からの明かりが差し込んでくる。

th_Untitled0010_20170618122018f85.jpg

エレベーターはホテルの端、左右に2カ所。
ロビー側に降りられるものと、明洞のメインストリート側に出られるもの。

場合に寄って使い分け。

th_Untitled0013_201706181220201cc.jpg

ロビーは広々と明るく、ウェイティングに使えるスペースにもイスが並べられている。

th_Untitled0014_20170618122021b1b.jpg

ロビーから明洞ストリート側に続く通路は何度も通った。
1階には小さなセブンイレブン。

th_Untitled0016_20170618122023453.jpg

便利だったのはこのロッカー。

飛行機の到着時間が早く、チェックインまで時間がかなりある場合、
スーツケースを持って街中をウロウロするのは大変だ。
その場合フロントで荷物を預かってもらうけど、その役割をこのロッカーが担っている。

スーツケースが入る大きいサイズのロッカーがたくさん並んでいて、
開いているロッカーを選んで暗証番号を登録し適当な時間まで入れておくことができる。

もちろん、チェックアウト後も利用可能。
この最終日も早めにチェックアウトをしておき、荷物をロッカーに入れて外出。
帰りはギリギリまで遊んで、ロッカーから荷物を取り出せばいいだけ。

英語も韓国語も日本語での説明さえも必要なし。

th_Untitled0007_20170618121923e4d.jpg

部屋の窓からの眺め。
ソウルは山に囲まれているので、ビルの向こう側すぐ近くに山が見える。

th_Untitled0008_201706181219242a5.jpg

左手にロッテ百貨店が見えて、真下には明洞の繁華街が広がっている。

th_Untitled0011_201706181220240d9.jpg

マロンとブレアを迎えに行くために、午前10時半頃には明洞を出て金浦空港に向かう。
朝の時間帯で道路が若干混んでいて到着まで50分。
料金は19400ウォン。

金浦空港は元々国内線だったので、規模が小さく空港内のお店も少ない。
免税店もお土産屋も数えるくらい。

時間を持て余すかな?と思ったけれど、
最後の買い物をしたりお茶をしたりしていたら意外と良い時間。

金浦空港12:55発 羽田空港15:00着予定が、予定より15分早い14:45に羽田空港に着。
なんと1時間45分で韓国から日本へ。

そのまま羽田空港からエリカ実家へ向かい、16時半頃にはマロンとブレアに再会。
慌ただしくあっという間だった。

最後に・・・・・

th_Untitled0006_20170618121854769.jpg

ソウルでよく見かけた「JUICY」
新鮮な果物だけで作られた100%フレッシュジュースのお店。

ずっと飲みたいと思っていて、最後の最後でやっと飲んでみた。
メニューに寄って値段も若干変わるけれどパイナップルMサイズで1500ウォン。
150円くらいの自販機価格。

参考までに
パイナップルジュース XLサイズ 900mlの大容量で2800ウォン(280円)
コーヒーアメリカーノ XLサイズ 900mlで1500ウォン(150円)だった。

コンビニで買うより安い!!

seriちゃん、ayuさんとはハワイ以来、
マサとminさんとは台湾以来の海外旅行。

楽しすぎて日本に帰って来てからも心は未だ韓国にいるみたい。
あっという間の4日間。
また、みんなでどこか行きたいな。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2017年6月13日 韓国・ソウル旅行 江南・カロスキル・梨泰院

th_Untitled0001_20170617215723c2e.jpg

韓国ソウルの旅3日目スタート。

th_Untitled0002_2017061721572442e.jpg

まずは朝ご飯。
明洞ギル沿い明洞聖堂の手前に位置する好立地にある「神仙ソルロンタン」

牛骨をじっくり煮込んだ白湯スープが絶品。

th_Untitled0003_201706172157264bd.jpg

そして前日の月曜日が定休日のため食べる事ができなかった明洞コロッケをやっとGET。
喜びのあまり夢中で食べたため写真は無し。

th_Untitled0004_201706172157277df.jpg

食後は明洞を少しブラブラ。

th_Untitled0005_201706172157296fe.jpg

2016年10月にオープンしたばかりのSTYLENANDA PINK HOTEL スタイルナンダピンクホテル。
1~2階がコスメフロア、3~5階がファッションフロア、屋上がカフェになっているそう。
全てがピンクを基調としていて、いかにも女子が好きな空間!!いるだけで気分が上がっちゃう。

th_Untitled0006_2017061721575593c.jpg

さて、お次はタクシーに乗ってカロスキルへ。
みんなが合流するまで高級車をバックに「俺の車」ごっこ。

th_Untitled0007_20170617215756db0.jpg

カロスキルという地区は新沙洞(シンサドン)という街にある街路樹通りのこと。
近年注目を浴びているトレンドなスポットで、
おしゃれなお店やカフェが立ち並んでいる韓国の女性に大人気の場所だそう。

東京で言うなら青山や代官山の雰囲気。

th_Untitled0008_20170617215758152.jpg

カロスキルのランドマーク的存在「coffee smith コーヒースミス」
オープンテラスでスタイリッシュな外観がとっても目立つ!
とっても素敵な雰囲気のカフェ。

街路樹には手編みの腹巻き。
カラフルでとっても可愛い。

th_Untitled0009_20170617215759247.jpg

またまたタクシーで移動。
カロスキルから5、6分「江南 カンナム」へ。

th_Untitled0010_20170617215801a21.jpg

この辺りの事を調べてみるとソウルのマンハッタン的な地区だそう。
いわゆるオフィス街。

th_Untitled0011_20170617215816827.jpg

飲食店もたくさん!!
カンナム駅周辺には肉の名店や行列の出来る店が集まっているそう。

和民とか丸亀製麺など日本のお店もたくさん見かける。

th_Untitled0012_201706172158177c7.jpg

行ったお店は「ユガネ」
タッカルビの人気チェーン店。

th_Untitled0013_20170617215819259.jpg

キムチ、たくあん、ムルキムチ(水キムチ)などはセルフサービスでおかわり自由。

th_Untitled0014_201706172158203b7.jpg

鉄板の回りにとろとろのモッツァレラチーズがたっぷりはいっているチーズフォンダッ。
鶏肉と野菜をタレで炒めるタッカルビをアツアツのチーズを絡めて食べる。

鉄板は2つ注文して、ひとつはご飯、ひとつは麺を入れて楽しむ。

th_Untitled0015_20170617215822d5b.jpg

お腹がいっぱいになったところで、足裏マッサージでも・・・・・と近くを探してみたけれど、
マッサージ店ではなくエステの類いが多くてなかなか見つからない。

一度明洞に戻ることに。

th_Untitled0017_201706172250203e9.jpg

前日行った「休息」といマッサージ屋でみんなで足裏マッサージ。
木の棒を使ったマッサージ。
痛いのを想像していたけれど、くすぐったいくらいで意外と気持ちが良い。

マッサージの後はデザート。
明洞のメインストリートを少し入った、サボイホテルの2階にある
「BEANS BINS COFFEE ビーンズビンズコーヒー」

th_Untitled0016_201706172250186e0.jpg

お目当てはワッフル。
生地にはクルミが入っていてとっても美味しい。

席数も多いので、明洞の雑踏から離れてノンビリとした時間を過ごせる。

th_Untitled0018_20170617225021dc3.jpg

さて、すぐ近くのロワジーホテルに戻って、マサとminさんとはここでお別れ。
次は日本でね。

わいわい賑やかだったのが一気に寂しくなった感じ。

th_Untitled0019_20170617230109209.jpg

6人から4人になってタクシーは1台で移動可能。
うめちゃんたっての願いで先ほど江南へ行くときに見かけたパタゴニアへ。

th_Untitled0022_20170617230112537.jpg

その後は「梨泰院 イテウォン」へ。

米軍基地に隣接していたり、各国大使館&領事館が周辺に集まっていることから外国人が多く、
インターナショナルな雰囲気。

th_Untitled0023_2017061723011467a.jpg

多国籍料理のお店が多く、日常的に贅沢が繰り広げられている感じ。
テラス席には海外の人たちが陣取り、お店の前には高級車が並んでる。

th_Untitled0024_201706172301152e3.jpg

ナイトクラブもたくさんあってその入り口は韓国と言うよりはもはやアメリカのダウンタウン。
韓国にいることを忘れてしまいそう。

th_Untitled0025_20170617230130e0d.jpg

seriちゃんチョイスのオシャレカフェ。
薄暗い店内にアンティークなインテリア。

th_Untitled0026_201706172301327de.jpg

「IKOVOX COFFEE」
喧噪の中にひっそりと佇んだ雰囲気がとっても好み。

th_Untitled0021_2017061723011188d.jpg

ソウルにある他の街とは明らかに違った独特な空気が漂うおもしろい街。
韓国の中で、また違った国の異国情緒を楽しめる不思議な体験ができた。

この日はまだまだ詰め込みます。

th_Untitled0027_201706181205491fd.jpg

盤浦(パンポ)漢江公園。
「月光レインボー噴水(タルピッムジゲプンス)」という噴水が出る橋としては世界最長の橋。
ギネスにも認定されているそう。

th_Untitled0028_20170617230133a0f.jpg

漢江へ降り注ぐダイナミックなレインボー噴水ショー!!
・・・・・・・といいたいところだけれど、

th_Untitled0029_2017061723013450a.jpg

20時からの噴水ショー。
今の時期、ソウルは夜8時過ぎまで明るいのキレイなライトアップは見られず。
残念ながらただの橋からの放水状態。

th_Untitled0030_20170618002353afa.jpg

気を取り直してタクシーでソウルタワーに向かいます。
明洞から小高い山の上に見えるソウルタワー。

遠いようで近く、近いようで遠い場所。

山の上から見下ろすと宿泊しているロワジーホテルと初日に行ったロッテホテル(免税店)が見える。

th_Untitled0031_20170618002355b2c.jpg

ソウルタワーの梺まではケーブルカー。
山の上にはフードコートやゲームセンターがあって、想像よりも賑やか。

th_Untitled0032_20170618002356b9a.jpg

ケーブルカー乗り場を出ると明洞までの白タクの呼び込み。
「2000円だよ」
深夜料金で2000円、東京では安いと感じてしまうのかも知れないけれど、
ソウルを3日間過ごしてタクシーの安さを知っている。

そちらは断って流しのタクシーに乗り込む。
明洞までの料金は400円。

4人で割れば安いねなんて、初日だったら何もわからず乗っていったのかもと思うと怖い。

タクシーを降りるときに運転手さんが教えてくれたオススメのフライドチキン専門店。
「 two two chicken トゥルドゥルチキン」
日本に戻ってから調べてみるとかなりの有名店みたい。

オリジナルのチキンとヤンニョンソース味のチキン。
ハーフ&ハーフでテイクアウト。

th_Untitled0033_20170618002357e23.jpg

テイクアウトしたチキンを明洞聖堂の前にある階段に座って食べる。
明洞周辺はゴミ箱がたくさんあるので、こういうときにとても便利。

th_Untitled0034_20170618005201594.jpg

チキンを食べたその足で最後の晩餐。
「カン・ホドン・ペッチョン」
カン・ホドンという韓国の有名人がプロデュースしているお店。

th_Untitled0036_20170618005204e96.jpg

モクサルというすごーく厚い豚のロース肉。
焼くとジューシーでとっても美味しい。

鉄板の回りに溝があって、そこに店員さんが溶き卵を流し入れてくれる。
卵焼きを焼きながら、その溝にニンニクやキムチを入れてみたり。
上から流れてくる豚の香ばしい油がその溝に落ちて、ニンニクもこんがり。

th_Untitled0035.jpg

この時すでに22時40分。
食べ終わってお店を出る頃には23時半。

th_Untitled0038.jpg

ソウル最後の夜なので、このままホテルには帰りません。
3日連続の東大門。

深夜0時を過ぎているとは思えない活気。
東大門はこれからの時間が活気づく。

th_Untitled0039.jpg

前の日に頼んであったスカートをゲット。

 ●覚え書き 
   ☆U:US(ユーアス)2階      Sunny Master スカート買ったお店・全体的にオシャレ
  
   ☆apM Place(エーピーエムプレイス) 最後の最後に行ったファッションビル・こちらもオシャレ

   ☆apM Luxe(エーピーエムラックス)初日にminさんと行ったビル?だったら可愛かった。

   DOOTA MALL(ドゥータモール)  The Coffee Bean & Tea Leafでお茶をしたビル
                    SHAKE SHACKがあったところ。 

   TEAM(チーム)204        行ったかどうか記憶無し。次回行った時には行きたいビル

   maxtyle(マックスタイル)    ZARAアウトレット。ビル全体ガラガラ。ZARAもいけてない。空き店舗も多い。

   光熙市場(クァンヒシジャン)    ムートンや革ジャケットを見たところ


同じようなビルがたくさんあって、行った場所がどこだったのか殆ど記憶にありません。
確かなのは上の☆マークを付けたビルが可愛かったってこと。

th_Untitled0037.jpg

最後の最後に入ったapM Place(エーピーエムプレイス)というビル。
ビルを出た頃には深夜2時過ぎ。
外のコーヒースタンドで飲み物を買ってやっとホテルに帰ります。

深夜まで、むしろ朝までこんなに賑やかだから、眠いのに寝たら勿体ない感じ。
たくさん歩き回って疲れ果てているのに変な高揚感。

アジアの国ならではの雰囲気が楽しすぎる。

クタクタに疲れ果て、眠さも最高潮。
これでこそ、満喫したって感じ!!!
心置きなく日本に帰れる。

翌日はマロンとブレアをエリカ実家にお迎えに行かなくちゃ。
楽しかった韓国を後にするのは惜しいけど、マロンとブレアに4日ぶりに会えるのが楽しみ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2017年6月12日 韓国ソウル旅行 明洞・北村・東大門

th_Untitled0001_20170616154240d0d.jpg

2017年6月12日(月)。
この日も晴天。

th_Untitled0002_201706161542412db.jpg

8時半にホテルのロビー待ち合わせ。
朝ご飯を食べに向かいます。

「香苑 ヒョンウォン」
化学調味料を使わない優しい味のお粥を楽しめるお店として有名らしい。

うめちゃん、牡蠣と牛肉のお粥。
エリカ、アワビのお粥をチョイス。

th_Untitled0003_20170616154243db9.jpg

お粥を食べた後はもう一カ所食べてみたい物があってはしご。
「明洞コロッケ」
ところが、下調べ足りず。
月曜日が定休日で閉まったお店の前で立ち尽くす。

まぁ、目の前の明洞聖堂を見ることが出来たから良しとしよう。

韓国のスタバも取りあえず飲んでおく。

th_Untitled0004_20170616154219107.jpg

せりちゃんとアユさんが金浦空港に到着した連絡あり。
ホテルに付くまで明洞の街中をウロウロ見て回る。

th_Untitled0005_201706161542205ff.jpg

「荷物を預けてホテルの入り口にいる」とのことだけど、
ホテルの入り口が2つあってなかなか出会えない。

th_Untitled0006_201706161542215c1.jpg

・・・・・・でやっと!!
待ってました!!合流。

th_Untitled0007_20170616154223ca1.jpg

やっつけで見つけたサムギョプサルのお店で取りあえずお昼ごはん。
店の名前はわからず。

th_Untitled0008_20170616154225df1.jpg

そしてそのままデザートのお店に移動。
人気のお店でとても混んでいたけれど、店員さんが手際よく席を準備してくれる。

th_Untitled0009_20170616154156d46.jpg

釜山発祥のピンス(かき氷)店「ソルビン」
フワフワのパウダースノーの上にきな粉とお餅がたっぷり乗っているかき氷が名物。

th_Untitled0010_20170616154158fe2.jpg

甘い物を食べてお腹を満たした後はタクシーに乗って「北村 プッチョン」に向かいます。

th_Untitled0011_20170616154200a51.jpg

6人いるのでタクシーは3人ずつに分かれます。
現地、北村で集合。

th_Untitled0012_201706161542013f7.jpg

到着してすぐのお店でチマチョゴリをレンタル出来るお店を発見。
チマチョゴリを着て街中を歩きたい!ということでみんなで衣装チェンジ。

th_Untitled0016_201706161541456b0.jpg

好きなカラーを選んでみんなでワイワイ。
更衣室から出てきたお互いの姿に大笑い。

th_Untitled0015_20170616154144e4a.jpg

1時間1万ウォンなので1000円くらい。
帽子やバッグをプラスしていくたびに200円ずつ加算されていく方式。

th_Untitled0013_2017061615420230f.jpg

みんなでやるから面白い。
ぞろぞろ歩く王様とそのご一行。

th_Untitled0014_2017061615414250a.jpg

北村は韓国の伝統家屋が残るエリア。
古風な街並みに風景を壊さないような洗練されたカフェがあったりして、
とっても素敵な雰囲気。

th_Untitled0019_201706161541287c0.jpg

その中で選んだのが「金静軒」

th_Untitled0018_2017061615414882c.jpg

昔ながらの韓国の家みたい。

th_Untitled0017_2017061615414782c.jpg

チマチョゴリを脱ぐのが惜しいけれど、
そろそろ次の場所へ向かう時間。

いつもの自分に戻ります。

この辺り、走っている流しのタクシーが少ないばかりか、
タクシーを見つけてもたいてい人が乗っている。

仕方なく近くの駅まで15分くらい歩きます。
「安國 アングク」駅の周辺でタクシーをGET。

向かった先はソウル駅。

th_Untitled0020_20170616154129ce0.jpg

18時40分。
ロッテマートで食料品の調達。
夕方の時間とあってスーパーマーケット中は大賑わい。

th_Untitled0021_20170616154130bf3.jpg

人混みの中に試食しまくっているアユさんを発見。
帰る頃にはみんな大きな荷物を抱えるほどに。

th_Untitled0000.jpg

ここからは明洞駅まで地下鉄で向かいます。
地下鉄料金が激安な上に、改札を出た後に保証金500ウォン(50円)が返ってくる。
こんない安くて大丈夫なのか。

ホテルに戻って大荷物を置いて、次の場所に向けて出発。
・・・・・・と思いきや、疲れた足がマッサージ店に引き寄せられる。
ホテルのすぐ近くの「休息」というマッサージ屋さん。
マッサージ店入店時刻21時。
マッサージ店退店時刻22時30分。

th_Untitled0022_20170616154132191.jpg

さて、気を取り直して再出発。

この日はタクシーがなかなか捕まらない。
地元韓国の人はタクシーを予め予約してあるみたい。

タクシー止まった!と思っても、すでに予約済みなんてことが続く。
やっと捕まえたタクシーで今度は「広蔵市場 クァンジャン・シジャン」へ。

th_Untitled0023_2017061615413423a.jpg

ソウル市内中心部にある100年の歴史を持つ大人気の市場。
ディープな韓国が感じられる屋台グルメを楽しめる場所。

th_Untitled0025_20170616154116d0c.jpg

23時過ぎから夜ごはん。
ピンデトッという緑豆チヂミだそう(by アユコ)

th_Untitled0026_20170616154117b7e.jpg

店内に使い古しの割り箸とかアルミホイルとか、紙コップとか
色々落ちているけれどそんなの誰も気にしない。
むしろその雑多な感じが笑えるほど。

マッコリとチヂミでみんな楽しそう。

th_Untitled0024_20170616154115a36.jpg

お店を出て、今度は屋台でキムパ(韓国海苔巻き)を食べ歩き。

th_Untitled0029_20170616154055fab.jpg

「広蔵市場 クァンジャン・シジャン」から東大門まで徒歩15分弱。
真夜中の道をみんなで歩きます。

東大門2日目の夜。

th_Untitled0028_20170616154120de6.jpg

韓国ではどこにでもある「The Coffee Bean & Tea Leaf」
もちろん東大門にもありました。

深夜1時頃過ぎにみんなでカフェタイム。
眠いのと旅行の高揚感でなんか変な感じ。

右下の写真は帰りがけに買った「Isaac(イサック)トースト」
24時間営業。
アツアツの鉄板でお砂糖をふったパンをバターで焼きます。
間にはハムやチーズを挟んだり、メニューによってはプルコギを挟んだり・・・・
出来上がりはフレンチトーストのホットサンドみたいな味。
韓国のファストフード。

深夜、寝る前にこの高カロリーな夜食。
日本では怖くて出来ないこの行動も旅行に来たからには怖くない。

th_Untitled0027_20170616154119bbc.jpg

何なのこのポーズ?!でまたしても大笑い。

ソウルを歩いているとみんな赤やピンクのリップを付けていて、
それがとってもかわいい。

女子三人、東京では付けないような真っ赤なリップを買ってソウルに溶け込んだ感じ。
カラフルな韓国の空気にやっと慣れてきた。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2017年6月11日 韓国ソウル旅行1日目 明洞・東大門

th_Untitled0001_20170615195016491.jpg

2017年6月11日(日)。
ボーディング直前に搭乗口でポンド家のマサとminさん合流。

全日空8:40羽田発。

偶然も席が同じ列。

th_Untitled0002_2017061519501873c.jpg

11時過ぎには金浦空港に到着。
真っ青な空!!快晴です。

何もわからぬまま乗ったのはジャンボタクシー。
リムジンの様な車内!!
日本に帰ってから韓国タクシーについて色々調べてみると、
 
・一般タクシー:オレンジだったりシルバーだったり。金浦から明洞まで2万ウォンが相場。
 ・模範タクシー:ブラック。金浦から明洞まで3万ウォンが相場。
 ・インターナショナルタクシー:一般・模範でも車体に「International Taxi」の表記。
                運転手が英語や日本語など多少話せる。
 ・ジャンボタクシー:大型の9人乗り。金浦から明洞まで5万ウォンが相場。

・・・・と大まかに4つに分かれているらしい。
今回乗ったのはジャンボタクシーで明洞まで4万5千ウォン。
今思うとちょっぴり高価だったけれど、
みんなで一緒に乗るのならスーツケースがあったので、
どちらにせよ普通のタクシーでは無理だったかな。

th_Untitled0003_201706151950198d1.jpg

空港から40分ほどで明洞に到着。

th_Untitled0004_20170615195021f01.jpg

今回泊まったホテルは2015年1月出来たばかりのロワジーホテル。
明洞駅の真上にあるのでアクセスにとても便利。

th_Untitled0005_20170615195022723.jpg

まず向かったのは新鮮なフルーツがたっぷり使われたパフェで
今、韓国で話題を集めているカフェ「カフェ ド パリ」

韓国らしくない店名が残念だけれど、日本にはまだ未上陸の注目店。

フルーツとクリーム&スムージーのパフェ「ボンボン」シリーズが看板メニュー。

th_Untitled0006_20170615195031109.jpg

[広告] VPS


夕方になると屋台がたくさん並ぶ明洞ギル(明洞通り)

th_Untitled0008_2017061519503483d.jpg

洋服などの衣類はもちろん、
フルーツカップや海鮮串、おでんにソーセージ串まで見ているだけで目移りしちゃう。

th_Untitled0007_20170615195033742.jpg

焼き小籠包みたいなやつと、ホットケーキ生地の上に卵が乗ったタマゴパン購入。

th_Untitled0009_20170615195036e8a.jpg

その後は明洞の街を探索。

ロッテの免税店に行ったり、スニーカーを見たり。

th_Untitled0011_20170615195055a2a.jpg

夜ごはんは明洞のヘムルタン横丁(海鮮横丁)にあるお店。
お箸袋に書いてある漢字「寿福康寧」が店名だと思って写真に撮っておいたけれど、
日本に帰ってから調べてみると「長寿幸福 平穏無事」と書いてあっただけらしい。

結局お店の名前がわからず仕舞い。

th_Untitled0010_20170615195038b32.jpg

韓国牛の焼き肉コース。

[広告] VPS


[広告] VPS


サンナクチ(生だこの躍り食い)。
気持ちがわるいけれど、ただのタコです。

th_Untitled0012_2017061519505741f.jpg

食後は「The Coffee Bean & Tea Leaf」でコーヒータイム。
日本ではまだ少ない「The Coffee Bean & Tea Leaf」は韓国では至る所にある感じ。

th_Untitled0013_201706151950581cf.jpg

次は明洞駅からタクシーで東大門をめざします。
この時点でだいたい22時過ぎ。

th_Untitled0014_20170615195100574.jpg

タクシー15分弱で東大門到着。
料金は5万ウォン程度。
夜の割増料金で500円なら安い安い!

th_Untitled0016_20170615195108e50.jpg

日曜日の夜なので、閉まっているお店もあるらしいけれど、
それでも東大門は人・人・人!!

th_Untitled0015_201706151951017e2.jpg

みんな、明日から仕事じゃないの?とこっちが心配になるくらい。
日曜日の夜にこの活気。
日本では考えられない光景。

th_Untitled0017_201706151951100a5.jpg

東大門のシンボル的存在、2014年に誕生した「東大門デザインプラザ&パーク」
ザ・ハディッドがデザインした近未来的な姿。

博物館や展示館などさまざまな施設が入っているそう。

th_Untitled0018_20170615195111596.jpg

清渓川。

この辺りの問屋街やデパートは、
営業時間が朝10時頃から朝方の5時頃までという不思議な営業時間。
中には朝の8時〜早朝の5時までなんていうデパートもあって、
殆ど休み無く開いている感じ。

観光客は夜通し遊べるから思う存分1日を楽しめる。

th_Untitled0019_20170615195113a73.jpg

ムートンや革ジャンなどの革製品ばかり売っているフロアや、
バックばかり売っているようないかにも小売店というお店から、

普通のオシャレなデパート風なのに、2枚ずつしか買えない実質問屋のお店なんかも。

ごくごく普通のデパートもあり。
全部見ていたらそれこそ朝になっちゃう。

th_Untitled0020_201706151951146d8.jpg

せっかく来たのだからと、この日は東大門=興仁之門(フンインジムン)も見学。

th_Untitled0021_20170615195122ac9.jpg

早起きして飛行機に乗ってあっという間に韓国。
ホテルに帰って寝た時間は深夜2時過ぎ。

20時間以上起きていたことになる。

疲れていて眠いけれど、もったいない気持ちが大きすぎてついつい夜中まで遊んじゃう。
この日以降、日本へ帰るまで連日東大門で真夜中過ぎまで遊ぶことになると、
みんな予想をしていたかどうか・・・・・・・。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

旅行前日の忙しい1日

th_DSC08993.jpg

6月10日(土)。
翌日から韓国へ旅行へ行く予定のこの日。

th_Untitled7028951.jpg

お留守番の間はドッグランへ行くことができないので、
とにかく走らせてあげようと近場の豊洲ららぽーとのドッグランへ。

th_Untitled7028948.jpg

梅雨前のららぽーとのドッグランはちょうど芝生の張り替え前で、
ところどころ土が見えている。

このあとシャンプーをする予定なので、汚れを気にせず走ってもらう。

th_Untitled7028947.jpg

ランチはいつものお店。

th_Untitled7028945.jpg

この後はドッグサロンに預けられ、
ハーブパックでアユールベーダ。

th_Untitled7028950.jpg

16時過ぎにサロンから帰ってきた後は、マロンとブレアを預かってもらうためにエリカ実家へ。

th_Untitled7028946.jpg

エリカ実家でのんびりマロブーと夜ごはんを食べるつもりだったのに、
なぜか母親が「指にトゲが刺さった」というわけのわからぬ理由で
夜ごはんを作るテンションになれないらしく結局外食。

th_Untitled7028949.jpg

夜ごはんを食べ終わって実家でコーヒーを飲みながらノンビリタイム。
じゃあ、そろそろ・・・と実家を出る頃には何かを察したブレアがワンワンと怒り出す。
その鳴き声を聞きながらそーっと玄関を出る。

ごめんごめん。
4日間、甘やかせられながらお留守番を頑張ってね!!

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

後先考えず自由奔放です!!

th_DSC09819-1(ドラッグされました)

小谷流ドギーズアイランドでドッグランにブレアを放ったとたん、

th_Untitled76921.jpg

ドッグランの中にある小型犬用のプールに自ら入ってしまったブレア。

th_Untitled76920.jpg

飛び込むのは苦手だけれど、
ここのプールは海のように浅瀬からだんだん深くなっているので、
ブレアも入りやすいみたい。

th_Untitled76922.jpg

取りあえずお昼ごはんを食べてからプールへ・・・・と思っていたので予定外。

th_DSC09777-1(ドラッグされました)

濡れた体でお店に入るのもお店に悪いので、取りあえず乾かさなければ。

th_n5fDx.jpg

いつもと順番が逆だけれど、濡れた体でドッグランを走ります。

th_Untitled76933.jpg

プールがちょうど良いくらいの気候なのでドッグランを少しは走っただけでだいぶ乾く。

th_Untitled76918.jpg

この日は小谷流ドギーズアイランドに新しく出来たちゃんぽんのお店「小谷流軒」へ。

th_Untitled76919.jpg

池のほとり。
テラス席は冷暖房完備。

th_Untitled76916.jpg

ワンコメニューもあります。

th_DSC09926-1(ドラッグされました)

ランチのあとは再びドッグラン。

th_DSC09823-1(ドラッグされました)

そしてブレアはまたしてもプールへ。

水が好きなのか嫌いなのかよくわからないけれど。

たまごちゃんのためならへっちゃらで水の中へ行く。
たまごちゃんが大好きなのは確かだ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2週連続 小谷流ドギーズアイランド

th_q92z2.jpg

2週連続です。
小谷流ドギーズアイランド。

th_Untitled76915.jpg

自宅からちょうど1時間ほど。

th_Untitled76923.jpg

ドライブがてらちょうどいい距離。

th_Untitled76935.jpg

代わり映えしない画像ばかりなので、
思い出日記を兼ねてずらずらっとアップします。

th_Untitled76931.jpg

th_Untitled76930.jpg

th_Untitled76929.jpg

th_Untitled76928.jpg

th_Untitled76927.jpg

th_Untitled76926.jpg

th_Untitled76925.jpg

th_Untitled76924.jpg

th_Untitled76932.jpg

たくさん走って美味しいもの食べて、マロンとブレアが大好きな場所。

最近では高速道路を下りてからすぐに到着が近いことがわかるようでソワソワが始まる。
最後の曲がり角に来る頃には早く下ろせとブレアのギャン吠え。

カーナビの音でわかるのか、
景色でわかるのか、
それともうめちゃんと交わしていた会話の中で行く前からわかっているのか。

そういうところ犬って本当に不思議。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

田園茶房 やっと座れたソファ席【田園調布】

th_DSC08745_20170603235428e38.jpg

いつもの公園で遊んだ後はいつもの田園茶房へ。

th_Untitled84735188.jpg

このコースが定番になりすぎて、公園だけで帰ることが出来ず。
車に乗った途端、さぁ次の場所!とマロンとブレアの期待がヒシヒシと伝わってくる。

th_Untitled84735187.jpg

お待ちかねのワンコメニュー。

th_DSC08786.jpg

この日、なぜか都内はどこへ行っても空いていて、
田園茶房もお昼を少し過ぎた時間にも関わらず、ソファ席が空いていた。

この時間帯にソファ席に座れるなんてめずらしい。

みんな遠くへお出かけして、梅雨の前の貴重な晴れの日を楽しんでいるのかな。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

シロツメクサ満開

th_DSC08662_20170603232740161.jpg

いつもの公園。

th_Untitled96178328.jpg

3週間ぶりくらいに行ったらシロツメクサが一面に。

th_Untitled96178329.jpg

芝生もフカフカ。
シロツメクサ満開の絨毯。

th_Untitled96178326.jpg

マロンの後ろ姿もなんだかはしゃいで見える。

th_Untitled96178330.jpg

楽をしようとコンデジを持って行ってしまったので、
いい写真が撮れなかったのが残念。

th_Untitled96178331.jpg

th_Untitled96178325.jpg

th_Untitled96178327.jpg

週末が近づくたびに、梅雨前線の予報がテレビから流れないか
ハラハラしながら画面とにらめっこ。

th_DSC08447.jpg

この色鮮やかな絨毯は来年まで見納めかな。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング