マロンの耳がさらにさらに伸びました。

th_DSC02806.jpg 
th_Untitled85675.jpg 
th_Untitled85676.jpg 
マロンの耳がさらにさらに伸びています。
去年の1月のマロンがこちら。



座っているだけで、自分の耳の毛を踏んでしまうほど長くなりました。
4歳になった今でも伸び続けているようです。

th_DSC02792_20160426162959423.jpg 
th_DSC02865.jpg 
打って変わって全く耳の毛が伸びないのがブレア。

身体の飾り毛もほとんど伸びないので、
未だパピーと間違われたり、サマーカットと間違えられたり。
こんなに両極端なふたりもおもしろいもんだ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2016年4月7日・8日 ゴールドコーストから帰国まで。

th_DSC0017_20161211220353a50.jpg

ブリスベンからゴールドコーストまで足を伸ばしたこの日。

ゴールドコーストでノンビリしても良かったけれど、
せっかくここまで来たならもう1カ所行ってみよう。

th_0019.jpg

ゴールドコーストから南へ10㎞ほど、車で20分。
Currumbin Wildlife Sanctuary
カランビン ワイルドライフ サンクチュアリー へ。

th_0020.jpg

犬の祖先と言われているディンゴ。
ハリモグラ。
木登りカンガルー。
火喰い鳥。

th_0021.jpg

コアラ抱っこ。

th_0022.jpg

カンガルー触り放題と10メートルはあるクロコダイル。

th_0023.jpg

数時間を動物園で過ごし、今度はバスとトロリーを乗り次いで再びゴールドコーストへ。
ブリスベンのホテルまで電車で戻るか、長距離バスで戻るか・・・・

長距離バスに乗ってみることに決定!
長距離バスの最終時間は意外と早いことが判明。
乗り過ごしたら大変なのでバスターミナルで軽食を食べて出発の時間を待つことに。

バスターミナル、2015年に「The4217」という名前でリニューアルされていてオシャレなお店がたくさん。
それまでは薄暗い良くあるバスターミナルだったのだそう。

th_0024.jpg

ゴールドコーストで最後に見たこの光景。
なんだかとっても目に焼き付いている。

th_0025.jpg

長い時間バスに揺られた気分だけれど、経った時間は1時間半程度。
見慣れた景色をバスの窓から見つけると、帰って来た感が溢れてくる。

さっきまでゴールドコーストにいたことが夢みたい。

th_0026.jpg

Roma Street Stationにあるトランジットセンターが長距離バス乗り場。
ホテルまでは少しばかり歩くことになる。

ブリスベンの街中をホテルに向かって歩く。

th_0027.jpg

見慣れたクイーンストリートを見つけると何だかホッとする。

th_0028.jpg

さて、一度ホテルに戻って荷物を置いて、
最後のディナーに向かいます。

ベイサイドエリアで美味しいシーフードが食べられる「George's Paragon Seafood Restaurant Brisbane」へ。

th_0029.jpg

ライトアップされたストーリーブリッジを見ながらディナーを楽しめる。
店内も素敵な雰囲気。

th_0030.jpg

オーストラリア名物のマッドクラブ。
こんな石みたいなカニがキレイな赤い色に。

th_DSC0029.jpg

お腹がいっぱいの帰り道のロマンチックなこと!

th_0031.jpg

明日でこの景色ともお別れ。

1日目にハンバーガーを食べたお店。
何度も通ったクイーンストリート。

またこの場所に訪れたいなと心から思う。

th_0032.jpg

そして翌日。
東京へ帰るためにブリスベン空港へ。

th_0033.jpg

メキシカン料理のお店でタコスを食べたときに、お店にカメラを置いてくるというアクシデント。
飛行機の搭乗後に気づく。

出国ゲートをくぐってしまうと、忘れ物や落とし物を取り戻すのは難しい。
添乗員さんにお願いしたけれど、その表情にも諦めが見える。

取りあえずもう離陸が迫っているので席について待つように促され、
思い出いっぱい詰まったカメラはもう戻ってこないだろうとうなだれていた。

すると、添乗員さんが笑顔でこちらに向かってくる。
その手にはさっきまで思い出を詰め込んだ大切なカメラ。

こんな海外でカメラを忘れてきて戻ってくるとは思わなかった。

カメラを見つけてくれた人、預かってくれていたお店、最後まで探してくれた添乗員さん。
本当に感謝です。

オーストラリアがますます好きになる。

th_DSC00900.jpg

飛行機からはオーストラリアの沿岸につづく白い浜。

th_DSC00907.jpg

th_DSC00909_20161211220543f80.jpg

そして飛行機からもハッキリ見える珊瑚礁。

th_DSC00672.jpg

ゴールドコーストの今を思い浮かべながら帰路につきます。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年4月7日 ゴールドコースト

th_DSC0001_201612112142429d9.jpg

オーストラリアに来て6日目。
この日はブリスベンから車を飛ばして約1時間。
ゴールドコーストへ。

th_0002.jpg

空も海もとにかく鮮やかで青い!!

th_0003.jpg

浜辺の近くで朝食。

th_0004.jpg

簡単なビュッフェ方式。

th_0005.jpg

目の前の海と日差しは店内にいても眩しいくらい。

th_0006.jpg

どこまでもつづく白い砂浜と青い海。
真っ青な空に浮かび上がる高層の建物が不思議なコントラスト。

th_0007.jpg

th_0008.jpg

th_0009.jpg

th_0011.jpg

お決まりのサーファーズパラダイス。

th_0010_20161211214306970.jpg

街中もお散歩。

th_0012.jpg

th_0013.jpg

th_0014.jpg

オーストラリアで一番高い建物Q1タワーの展望台「スカイポイント」に登ります。

th_0015.jpg

この眺め!!!
ポストカードみたいで現実感が無い。

どこまでもつづく海岸線と白い砂浜にオーストラリアの広大さが窺える。

th_0018.jpg

どの家にも庭に大きなプール。
こんな場所に住んでいるなんて羨ましい限り。

th_0016.jpg

お天気が良くて本当に良かった。

ここQ1タワーからの眺めだけでもゴールドコーストに来た甲斐ががあるってものだ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年4月6日 ブリスベン3日目

th_DSC0001_20161211135650528.jpg

ブリスベン3日目。
この日も晴天。

さぁ、今日も一人でブリスベンを満喫します。

th_Untitled0002_20161211135649bd1.jpg

まずは昨日行くことの出来なかった「ローンパイン コアラサンクチュアリ」へ。
昨日見つけたバス停から430または445のバスに乗って1時間弱で到着。

ちなみに445のバス停はアデレードストリート沿い、
430はMYER CENTRE地下のバスステーションから出発。
クイーンズストリートモールのHungry Jacksと言うバーガー屋の斜め前くらいにある
階段を降りれば乗り場となる2Cのバス停にすぐ着けます。

バスは各1時間に1本。
予め時間をチェックしておくといいかも。

入園口でチケットを購入していざ園の中へ。

th_Untitled0004_20161211135646b9d.jpg

コウモリとカモノハシ。

th_Untitled0003_201612111356482df.jpg

タスマニアンデビル。

th_Untitled0005_201612111356297f9.jpg

犬の先祖のディンゴ、仰向けでお昼寝中のウォンバット、ミズオオトカゲ。

th_Untitled0007_20161211135627d3d.jpg

やる気無しのカンガルーに火喰い鳥、道ばたでたくさん遭遇するトカゲ。

th_Untitled0006_201612111356278c0.jpg

・・・・・・でコアラ。
寝ている姿はかわいいけれど、目つきがなんだか怖い。

定番の抱っこして写真を撮ってもらう。
写真が出来るまで30分。
その間はカンガルーと触れあったりエミューを追いかけたり。

th_DSC0008_2016121113562444c.jpg

動物園を楽しんで帰りのバスを待つ。

バスの時間まで少しあったので近くをお散歩。
下流れている川を見下ろすと地元の大学生らしき人達がボートで遊んでる。

th_Untitled0009_20161211135623820.jpg

バスに乗って再びブリスベン市内まで。

毎週水曜日に行われているジャン・パワーズ・ファーマーズ・マーケット (Jan Power's Farmers Markets)。
シティーのど真ん中で開催されるマーケット。

マッシュルーム&サワークリームのカップを購入。

th_Untitled0010_2016121113560677a.jpg

街中をお散歩したり、買い物したり。
ホテルに戻ってみたり。
ノンビリと夕暮れを過ごす。

th_Untitled0011_2016121113560525e.jpg

ブリスベン川まではすぐなので、
川まで出てサウスブリスベンをパシャリ。
昨日歩いたリバーサイドの公園。夕暮れはとってもキレイ。

th_Untitled0012_2016121113560336b.jpg

夜ごはんはクイーンストリートにHungry Jack'sの向かいの2階にあるお店「Jojo's Dinner」で。

ここはケーキからエスニック料理、パスタ、ステーキなど色んなスタイルの料理が入っていて、
カウンターでオーダーして席まで持ってきてもらうシステム。

ちょっとオシャレなフードコートのイメージかな。

クイーンストリートを歩いていると楽しそうなテラス席がとても目立っていて、
一度は必ず目にしているはず。
そこが「Jo-Jo's」

th_Untitled0013_2016121113560216a.jpg

そんなクイーンストリートの夜はこんな感じ。

th_Untitled0014_2016121113560089f.jpg

この通り沿いにヒルトンへの扉が表れるのです。
あっという間に喧噪から逃れて静かな空間へ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年4月5日 ブリスベン2日目

th_DSC0001_2016121112224515a.jpg

シドニーからブリスベンへ来た翌日。
ピカピカの快晴。

th_DSC0002.jpg

この日は朝から一人ブリスベン。

th_DSC0003.jpg

夜はライトアップされていたシティホールの時計台。

th_Untitled0004_2016121112224105b.jpg

こちらも昨日は妖艶にライトアップされていたトレジャリーカジノ。
健全な感じ。

th_DSC0005_201612111222225a3.jpg

この日、動物好きな私は「ローンパイン コアラサンクチュアリ」に行こうと思っていた。
ところがどこを探してもバス停が見つからない。

ぐるぐると同じところを探し回ってやっとバス停を発見。
ホテル沿いのクイーンストリート沿いから地下に入る入り口があり、
そこからバス停に繋がっていた。

東京に住んでいたら、地下にバス停があるなんて思わないし!!

バスの時間を見てみるとちょうど行ってしまったばかり。
次のバスは40分後。
時間が勿体ないので、この日は違うことをして楽しむことに。

th_Untitled0006_20161211122221873.jpg

取りあえずサウスブリスベンへ渡ってみる。

th_DSC0007.jpg

振り返るとブリスベンの街並みはこんな感じ。

th_DSC0008.jpg

橋を渡ったところにはクイーンズランド美術館 (Queensland Art Gallery)

th_DSC0009.jpg

歩道橋からブリスベン中心部の街並み。

th_DSC0010_20161211122149e02.jpg

ブリスベン唯一の観覧車。

th_DSC0011_20161211122147d10.jpg

リバーサイドパーク。

th_DSC0012.jpg

シティーキャット (City Cat)。
これに乗ってブリスベン川沿を颯爽とクルージングしてみる。

th_Untitled00013.jpg

川に囲まれている地元の人の足代わりになっているとのことで、
観光客は一人もおらず。

地元の学生やマダムや家族連れに混じって席に着く。

th_DSC0014_20161211122143263.jpg

カンガルーポイント周辺かな?

th_DSC0015.jpg

ストーリー・ブリッジの真下。

th_DSC0016.jpg

どんな人達が住んでいるんだろう。
セレブな家が立ち並ぶ。

th_DSC0017.jpg

クルーザーにプール・・・・
見ているだけでワクワクする。

ブリスベン川の上流から下流まで、東岸、西岸と船着場に寄りながらのんびり3時間。
ブリスベンに住む人達の生活を眺めながらの時間はあっという間。

th_Untitled00018.jpg

ホテル周辺で買い物をして夜ごはんは「Jamie's Italian ジェイミーズイタリアン」

英・ロンドンの人気店。
オーストラリアに4店舗目となるブリスベン店が出来たそうで、こちらでパスタを堪能。

今や香港、台湾にまで進出しているらしく、早く日本に来ないかな。

th_Untitled00019.jpg

さて、ヒルトンの朝ご飯はいつもこちらで。
ロビーの目の前にある吹き抜けの素敵な空間。

赤いソファがとっても素敵です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年4月4日 シドニーからブリスベンへ

th_DSC0001_20161211112746ae5.jpg

シドニー3日目。
この日は朝から小雨。

th_Untitled0002_2016121111274461e.jpg

この日はシドニーからブリスベンへ移動予定。
空港へ行くまでの時間をシティ周辺探索で過ごす。

th_Untitled0004_20161211112741b6d.jpg

クィーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)。
タウンホールのすぐ横にある世界で最も美しいといわれてるらしいショッピングセンター。

th_Untitled0003_20161211112743546.jpg

シドニーで一番有名なショッピングモールだけど、お値段は結構高め。

th_DSC0005_2016121111273051f.jpg

カラフルなステンドグラスの窓、時計台のショーなどとにかく豪華。

th_Untitled0006_20161211112729673.jpg

そしてシドニー空港へ。
今回はブリスベンへ行くため、国際線ではなく国内線。

th_Untitled0007_2016121111272731f.jpg

オーストラリアと言えば「パイフェイス Pie Face」のパイ。

ブリスベンに到着後は飛行機から空港内まで徒歩。
なんか面白い。

th_Untitled0008_20161211112726fec.jpg

空港から早速ホテルに向かいチェックイン。
ブリスベンでもヒルトンホテル。

吹き抜けのロビー。

th_Untitled0009_20161211112724789.jpg

ホテルの窓からの眺め。
目下にはシティホールの時計台が見える。

th_DSC0010_20161211112706ffd.jpg

夜はこんな感じ。

th_DSC0011.jpg

こちらは「コンラッド トレジャリー カジノ」

ショッピングで有名なクイーンストリートともつながっているので、
なんどもここの前を通ることになります。
旧大蔵省の建物を改築して作られたそう。

th_Untitled0013_2016121111270206c.jpg

夜食用にスーパーで買い物。
クイーンズモール内にある大型スーパーマーケット「コールズ coles」へ。

th_Untitled0012_20161211112703e02.jpg

その後はクィーンストリートを通って夜ごはん。
「Grill'd Healthy Burgers グリルドヘルシーバーガーズ」

ブリスベンへ来てから日本人には全くと言っていいほど出会わない。
シドニーで滞在した3日間でも3組ぐらい。

th_Untitled0014_201612111127000b2.jpg

クィーンストリートは夜遅い時間でも人通りがある。
ブリスベンの中心地。

そのストリート沿いにヒルトンの裏口があるのでとっても安心。
夜遅くまで遊べます。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年4月3日 シドニー2日目

th_IMG_4765.jpg

ヒルトンホテルの朝ご飯はこちらで。

th_DSC0001_2016121101304472b.jpg

朝食を食べて一歩外に出ると朝方に雨が止んだ雰囲気。
少しだけ道路が濡れてる。

th_Untitled0002_20161211013043103.jpg

まずはフェリーに乗るために、ヒルトンホテル最寄りのタウンホール駅から
サーキュリーキーに向かう。

木で出来たエスカレーター。

th_Untitled0003_2016121101304109d.jpg

シティを後に、フェリーに乗って12分。
行き先はタロンガ動物園。
振り向くとシティの上にはまだ厚い雲が立ちこめている。

th_Untitled0004_20161211013040df9.jpg

フェリーが到着すると入り口まではロープウェイで行く方法と、バスで行く方法がある。
行きのロープウェイは長い待ち列が出来ているので行きはバスで入り口へ。
急な上り坂で約5分。

あっという間に入り口に到着。

th_DSC0005.jpg

高台からシティを眺めると、空にはだんだん青空が広がってきている。

th_Untitled0007_20161211013026834.jpg

一応オーストラリアの名物でもあるらしいフィッシュ&チップスを途中で購入。

th_Untitled0006_201612110130270ba.jpg

帰りは景色のきれいなロープウェイで。
帰りは空いているので、行きはバス・帰りはロープウェイの選択で大正解。

帰る頃にはこの青空。

th_Untitled0010_2016121101301240b.jpg

フェリーに乗って再びサーキュラーキーに戻り、ロックス周辺をお散歩。

トンネルはアーガイル・カットと言われて歴史的にもとても価値のあるトンネルなのだそう。
このアーガイル・カットは1843年から1867年の間にイギリスからオーストラリアに渡った囚人達によって
ハンマーとノミだけで作られたらしい。
映画「マトリックス」のロケ現場で使われたことがあるのでマトリックスファンの方にもオススメ。

th_Untitled0008_20161211013024ced.jpg

ROCKSで見つけた「Zia Pina Pizzeria」

th_Untitled0009_201612110130235c4.jpg

こじんまりとしたお店で観光客向けじゃないところがお気に入り。
美味しくて忘れられない味。
また行きたい。

th_Untitled0011_20161211013010a05.jpg

Rocks周辺は昔ながらの石造り、細い道、階段、歴史ある家が並んでいて、
町全体が巨大な迷路のようになっている。
裏道の階段とか小さな小道とか気のむくままにブラブラして歩いているだけで楽しむことが出来る。

th_Untitled0012_20161211013009593.jpg

th_Untitled0013_2016121101300896f.jpg

この日の夜ごはんはダーリングハーバーのコックル・ベイ・ワーフ内にある
地元でも評判の高いお店「ニックスシーフード Nick's Seafood」
ウォーターフロントで夜も賑わう水辺のレストラン。

th_DSC0014.jpg

看板メニューでもあるシーフード・プラッターを注文。
地元で獲れたロブスター、カキ、ムール貝、海老、タコやイカのフリッター等
新鮮な豪華シーフードが盛りだくさん。

普段から小食の2人じゃとてもじゃないほど食べきれず残してしまって心残り。
雰囲気も抜群のお店だった。

シドニーは夜遅い時間まで人で賑わっている。
夜遅くまで遊べるこの感じ。
海外に旅行に来た!っていうこの感じがとっても好き。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2016年4月2日 シドニー1日目

th_DSC0001.jpg

飛行機からシドニーの街並み。
右上にシドニータワー、左上にハーバーブリッジが見える。

th_Untitled0002_20161210213751ee5.jpg

泊まったホテルはシドニータワーの真下辺り。
街の中心部にあるヒルトンホテル。

ホテルの窓からはシドニー・タウン・ホール(Sydney Town Hall)が見える。
高くそびえる時計台がシンボルの1890年建造の市庁舎。

th_Untitled0003_201612102137499d9.jpg

チェックインを済ませてさっそく街中へ繰り出す。

th_DSC0004.jpg

迷いながら歩いてダーリングハーバーへ出る。

th_Untitled0005_20161210213746c89.jpg

さらにあるいて港のほうへ。

th_Untitled0006_201612102137307f5.jpg

到着した先はフィッシュマーケット。

th_Untitled0007_20161210213728664.jpg

ロブスターやオーストラリアアワビ、ホタテなんかの盛り合わせ。
マーケットで好きなものを買って、外にあるテラス席で自由に食べる。

4月と言えばオーストラリアは秋。
けれど、みんなノースリーブにショートパンツ。
照り返す日差しが暑くて仕方ない。

th_Untitled0008_201612102137272a8.jpg

フィッシュマーケットから大通りを挟んだところにあるフィッシュマーケット駅。
ちょっとわかりづらくて大きく回り道してしまう。

地元の雰囲気を感じられてそれも楽しい。

th_Untitled0009_201612102137254d7.jpg

電車に乗って、シドニー要の駅となるセントラル駅へ。
そこから今度はボンダイビーチへ向かいます。

th_DSC0010.jpg

ボンダイジャンクションの駅からバスで数十分。
ボンダイビーチへ到着。

th_Untitled0011_20161210213711826.jpg

th_Untitled0012_201612102137109f4.jpg

ボンダイビーチと言えば世界一美味しい朝食が食べられるBills。
リコッタパンケーキ。

th_Untitled0013_20161210213709231.jpg

th_Untitled0014_20161210213707525.jpg

ボンダイビーチから戻ってきて、サーキュラーキー周辺をお散歩。

th_Untitled0015_201612102137068c8.jpg

オペラハウスとハーバーブリッジ。
よく見ると、ハーバーブリッジに登っている人達が見えます。

th_Untitled0016_20161210213648737.jpg

ロックス周辺を通ってホテルへ戻ります。
サーキュラーキーやロックスからタウンホールまで徒歩で約20分。

美味しそうなパイのお店やイソップ。

th_Untitled0017_20161210213647681.jpg

メインストリート、ジョージストリート。
玉ネギ型の天井が可愛らしいランドマークQueen Victoria Building、略してQVB。

th_Untitled0018_201612102136455d9.jpg

ホテルで一休みして再びダーリングハーバーへ。
今度は迷わず近道を発見。

th_Untitled0019.jpg

キレイな夜景にすれ違うみんなが笑顔。
誰もが幸せそうで、なんだかとってもワクワクする。

th_Untitled00120.jpg

この日の夜はお手軽にハーバーサイド・ショッピングセンターのフードコートで夜ごはん。
こちらのショッピングセンターはどのお店も夜の9時まで開いているのが嬉しいところ。

シドニーではレイト・ショッピング・デーと称する木曜日以外は
15時~17時頃でお店が閉まってしまうのだそう。

お腹を満たした後はカジノ「THE STAR」
あんまりオシャレが出来ずちょっぴり肩身が狭いけれど、
カジノ気分は満喫。

なんとなく高揚した気分のままホテルまでの道のりを楽しんだ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

離ればなれ

th_IMG_4653.jpg

今日から少しの間マロンとブレアとはお別れ。
朝からドッグランに連れて行き、ストレスを発散してもらってからエリカの実家へ向かう。

th_IMG_4662.jpg

エリカ実家ではいつも通りくつろいでいたので、そっとふたりを残して実家を後にする。

th_IMG_4669.jpg

家に戻ってマロンとブレアのいない部屋の静けさに妙な寂しさを感じる。
マロンとブレアの大きな存在を改めて知る。

th_IMG_4679.jpg

まだお別れしてから数時間。
もうマロンとブレアに会いたいなぁ。
元気にしているかなぁ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ