FC2ブログ

2019年6月12日 カナダ 最終日トロント発東京行き

th_001_20190714234155bd2.jpg

カナダ最終日。

th_002_20190714234157d5e.jpg

13時40分トロント発の飛行機で羽田空港へ向かう予定になっているこの日は
午前中のほんの少しの時間を残すだけ。

th_003_20190714234158e2e.jpg

最後の最後にずっと行きたかったあの場所へ。

th_004_20190714234200f04.jpg

カナダ最大のファーストフードチェーン「Tim Hortons ティムホートンズ」

th_005-2_2019071423420102d.jpg

なんと!カナダのカフェの62%を占める大手。
ちなみに2位はスタバで7%。

それを聞くとカナダの人にどれだけ浸透しているかがわかる。

th_007-2_201907142350033f0.jpg

街ゆく人を見ていても、「Tim Hortons」と書かれたカップを片手に歩いている人の多いこと。

th_006_201907142350020cd.jpg

NBAのトロント・ラプターズ優勝に向けて、ラプターズの爪痕マークのドーナツ。

ちなみにチーム名の「ラプター Raptor」とは恐竜の一種ラプトルのこと。
チーム設立当時に映画「ジュラシックパーク」が大ヒットしていたためこの名前が付けられたのだそう。

th_010_20190714235006a8a.jpg

ドーナツ意外にもファーストフードと同様にハンバーガーなども販売している。
わたしはハンバーガーのブレックファーストメニューにデザートのドーナツも注文。

th_009-2_2019071423500423d.jpg

カナダ国民のソウルフードの「Tim Hortons ティムホートンズ」
カナダ国民は親しみを込めて「ティムズ」や「ティミーズ」と呼んでいるんだって。

th_011-2_201907142358428f8.jpg

味はというと・・・
そんなに期待していなかったのに、想像以上に美味しかった!

また食べたいなぁ。

カナダ人のように紙カップを片手にホテルに戻ります。

050.jpg

ホテルに戻ってチェックアウトの準備。

th_014_20190715000019ba3.jpg

トロントは2泊3日だったのであっという間の時間だった。

th_015-2_20190715000021da7.jpg

ホテルにはペットOKの部屋もあるらしく、
おじいちゃんとお年を召したワンコが一緒にロビーに入ってくる。

お互い歳をとりながら、同じペースで歩を進めるふたり。
なんて幸せなそう。

日本で待つマロンとブレアに無性に会いたくなる。

th_016-2_20190715000022487.jpg

チェックアウトをして9時50分にホテルを出発。
タクシーを手配してくれるコンシェルジュに「日本人でしょ」と言われる。

日本人は午後の便でもみんな早くに空港へ行くらしい。
時間に律儀な日本人。

当てられてなんだかちょっと恥ずかしい。

th_017_20190715001309b2c.jpg

10時20分、トロント・ピアソン国際空港着。
タクシーで空港まで62ドル。

th_018-2_20190715001315d7b.jpg

勝手がつかめずウロウロ。

th_019-2_20190715001317da3.jpg

カナダ国内最大規模の空の玄関口とあって広い広い。

th_021_2019071500131726e.jpg

出国までの時間は不足分のお土産を買い込んで。

th_020-2_20190715001317542.jpg

th_022_20190715002309b24.jpg

トロントはもう2度とくることないかも!と目に焼き付けながら、
空港の中を行ったりきたり。

th_023-2_201907150023116d7.jpg

th_024_20190715002312849.jpg

最後はラウンジでボーディングまでの時間を待つ。

th_026-2_20190715002313fe9.jpg

ラウンジメニューはピザやラザニア。
ワインが有名とあって、アルコール類は充実。

th_027_20190715002608c3c.jpg

12時50分ボーディング。
13時40分離陸。

th_028_20190715002609b73.jpg

うわさ通り、機内食の夜食は日新のカップラーメンだった!
のびのびのカップラーメンだけど、美味しく感じる。

th_029_20190715002611477.jpg

トロントから羽田までおよそ12時間の旅。

羽田空港についた時には日付けが変わり13日の15時40分着。
水曜日のお昼に出発したのに、木曜日の夕方に到着。
なんか変な感じ。

モントリオールでのF1観戦、トロントでのナイアガラの滝。
今回は大きな目的が2つあった。

モントリオールでの完全なフランス文化。
アメリカに近いトロントではアメリカにのようなイギリス文化。

ケベック州とオンタリオ州は同じカナダでも全く違った都市のようで。
一度の旅で、色んな国を回った気分。

正直、カナダに来るまではメイプルシロップしか思い浮かばなかったけれど、
今ではカナダの魅力をたくさん知っている。

寒いのは嫌いだけれど、こんなに素敵な場所なら
今度は冬のカナダも過ごしてみるのもいいかも!

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサーサイト

2019年6月11日 カナダ ナイアガラの滝

th_49_20190714165854895.jpg

今回の旅最大の目的は「ナイアガラの滝」
とうとうこの日がやって来た。

th_7-2.jpg

7時45分にホテルのロビーでガイドさんと待ち合わせ。
ガイドさんの車の運転で、ナイアガラ周辺を案内してもらいます。

th_8-2.jpg

3人の旅だけれど、要所要所では別行動。
チケットを買っておいてくれたり、ナイアガラの船の動向を調べて置いてくれたりと
2人では時間配分が難しかった旅がガイドさんのおかげでスムーズに過ごせた。

th_L1170816のコピー

高速道路からの眺め。
CNタワーの隣には世界初の可動式屋根付き多目的スタジアム「ロジャーズ・センター」
MBLのトロント・ブルー・ジェイズの本拠地です。

th_L1170819.jpg

朝の時間帯はどこも渋滞にはまることが多いらしく、
この日もナイアガラ地方に着くまでに2時間かかった。

正面にナイアガラの滝にあるスカイロンタワーが見えてきた。

th_9-2.jpg

そして左手にはナイアガラのアメリカ滝。

th_12_20190714172026b0c.jpg

実は最初にナイアガラの滝に行ったのだけれど、混んでいるのと船が運航していないとのことで
ガイドさんが急きょ予定変更し、まずは「ワール・プール」へ。

th_11_20190714172024c4a.jpg

「ワール・プール」とは英語で「渦」という意味。

ナイアガラの滝を経て流れ出た川がいきなり90度の急カーブを描く入江となり、
その流れが渦潮となっているポイントがこの「ワールプール」と呼ばれるエリア。

th_10_20190714172023dd5.jpg

水の勢いが複雑に合流し、大きな渦になっている。

1枚目の写真の対岸はアメリカ。
でも3枚目の写真のロープウェイの向かう先は対岸に見えるのにカナダ。



川が大きくうねっているため、不思議な現象。
けれど、足元の陸地をたどっていくと確かに繋がっていることがわかる。

th_22_20190714173608192.jpg

次は、ナイアガラ・パークウェイを車で20分ほど行ったところにある
「アイアガラ・オン・ザ・レイク」へ。

th_28-2.jpg

ナイアガラの河口、オンタリオ州屈指の美しい街。

th_31_20190714173610b62.jpg

この街はイギリスの植民地時代の1792年から5年間、
アッパーカナダ(現在のオンタリオ州の南部)の首都だったのだそう。

th_30_201907141736129ea.jpg

そのため、この街のあるオンタリオ湖の湖岸のエリアは、
イギリス統治時代の150年以上も前の佇まいをそのまま残す家々が建ち並んでいて、
情緒豊かな風景が楽しめる。

th_32_20190714173613989.jpg

メインストリート沿いには、帽子の専門店、紅茶の専門店、
イギリスのトラディショナルなファッションのブティックなど、オシャレなお店がいっぱい。

th_33_20190714173616375.jpg

1996年には「カナダも最も美しい街」に指定され、ナイアガラの滝観光とセットになっている。

th_26_20190714175216609.jpg

メインのクイーン通りの中心に建つのランドマークが時計台。

th_25_20190714175215074.jpg

1922年に建てられて以降、この街をずっと見守っている。
第一次世界大戦で命を落としたナイアガラ・オン・ザレイク出身者を悼んで造られた。

th_34_201907141752178f1.jpg

馬車発見。
可愛らしい街にぴったり。

th_35_20190714175219071.jpg

「プリンス・オブ・ウェールズ・ホテル」
1864年に建てられたビンテージホテル。

英国皇太子も泊まったことがあることから、この名前が付けられた。
(※プリンス・オブ・ウェールズはイギリスで王子に与えられる称号)

th_27_20190714180554de6.jpg

5分ほど行くとオンタリオ湖が望めるというので、そちらの方まで行ってみることに。

th_24-2_20190714180555ca2.jpg

メイン通りであるクイーン通りからキング通りに入ります。

th_23_201907141805575a5.jpg

シムコー公園は緑でいっぱい。

th_21_20190714180558784.jpg

リス発見!!

th_16_2019071418162406f.jpg

遠くの方に見えてきたオンタリオ湖。

th_15_20190714181622110.jpg

なんてキレイな景色。

th_13_20190714181623613.jpg

オンタリオ湖湖畔にある「Queen Royal Park」

オンタリオ湖は四国とほぼ同じ大きさ。
もう海にしか見えない。

th_17_201907141824320e4.jpg

公園を背に水辺に向かって右手はナイアガラの滝から流れてきた水が流れ込んでいる川の河口。
そしてこの河口の向こう側はなんとアメリカ。

th_18_20190714182433ac5.jpg

奥に見えたこの建物は城砦で、ナイアガラフォート州立公園にある「ナイアガラ城砦」と呼ばれている。
1812年の米英戦争の際のアメリカ側の砦だった場所。
(カナダは当時イギリス領地だった)

th_19_2019071418243494c.jpg

人がたくさん見えるのは、アメリカ側からナイアガラツアーに訪れている人たち。
アメリカ側のナイアガラツアーにはこの城砦観光が含まれていることが多いのだそう。

th_20_201907141824369db.jpg

そして左手には湖の向こう側にトロントの街並みが蜃気楼のように浮かび上がっている。
CNタワーのシルエットでトロントの街が一目瞭然。

th_37_201907141838513e5.jpg

メインストリートまで戻り、赤毛のアンの物語の舞台となっているプリンスエドワード島発、
世界一のアイスクリームになった「Cows」のアイスクリーム屋さんのアイスを食べる。

th_38-2.jpg

メイプル&ウォールナッツ、今まで食べたアイスクリームの中で一番美味しかった!!

th_41_20190714184410c83.jpg

ナイアガラ・オン・ザ・レイクを中心にした湖沿いのエリアは、
カナディアン・ワインの中心地ともいえる場所。

気候や土壌などの条件がフランスのボルドー地区とよく似ているため、周辺は一面のブドウ畑。
30以上のワイナリーが密集している。

th_43_20190714184412dc7.jpg

その中で選んだワイナリーは「Pillitteri Estates Winery ピリテリ・エステーツ・ワイナリー」

11品種のブドウを栽培し、数々の賞を受賞していることでも有名なワイナリー。

th_39.jpg

ワイナリーがあるこのナイアガラ・オン・ザ・レイク周辺は、冬の寒さが厳しく、
世界最大、最良のアイスワイン生産地になっている。
(※氷点下8度で収穫したぶどうでないとアイスワインとは呼べないことになっている)

th_40_20190714184915684.jpg

限られた環境でしか造ることの出来ない奇跡のワインと呼ばれるアイスワイン。

アイスワインとは、果実が凍結したり冠雪したぶどうを材料に使ったワインのこと。
寒さの厳しい地域で、収穫の遅い完熟したぶどうの実が樹上で自然現象で凍ることで、
水分量の少ない凝縮されたうま味が生まれ「奇跡の甘味」になる。

th_42-2.jpg

実はアルコールが苦手なわたしが、若い頃に唯一飲むことが出来たワイン。
葡萄ジュースのように甘いデザートワインが飲みやすかったことを覚えている。

アルコールの苦手なわたしもうめちゃんもしっかり試飲。

th_44_201907141849171fe.jpg

そして日本では高いアイスワインをこちらのワイナリーでお土産用に大量買い。

th_51-2.jpg

ほろ酔い気分でナイアガラの滝へ向けて再チャレンジ。

派手な看板が立ち並ぶナイアガラの繁華街「クリフトン・ヒル」

オンタリオ州側はナイアガラを自然の多い公園にしたかったのだそう。
けれど、アメリカとの国境にほど近いこの場所を、
アメリカ側はラスベガスのような観光地にしたかった。

th_61_20190714191634cd2.jpg

そこでカナダは滝周辺を自然の残る公園の雰囲気を残し、
アメリカからの観光客向けニラスベガスのような繁華街を作内陸側に作ったのが由来。

th_62_20190714191744cbf.jpg

確かにこの辺り一帯は賑やかなアメリカの雰囲気。
もちろんカジノもあります。

th_54_20190714191916b66.jpg

まだ船が動いていないというので、まずはここで腹ごしらえをしちゃいましょうということで、

th_52_20190714192006368.jpg

シェラトン オン ザ フォールズホテルの中にある
「Fallsview Buffet フォールズビュービュッフェ」でランチ。

th_53_20190714192008997.jpg

ナイアガラのアメリカ滝とカナダ滝を一度に望めるレストラン。

th_60-2.jpg

滝をすぐ真横に見下ろせる特等席。

th_59-2.jpg

左手にはアメリカ滝、前方にはカナダ滝。

th_47_20190714193053afc.jpg

高層階にあるレストランにはバルコニーがついていて、
バルコニーに出て悠々とナイアガラを眺めることが出来る。

th_50_20190714193058fb3.jpg

こちらは馬蹄型をしているため「ホースシュー・フォールズ」と呼ばれるカナダ側にある滝。

th_48_20190714193058d76.jpg

こちらはアメリカ側、ニューヨーク州のアメリカ滝。

th_55_20190714193059f3e.jpg

右側の小さな滝は花嫁のベールのように見えることからブライダルベールフォールと呼ばれている。

th_56_2019071419305922f.jpg

こうして引いた場所から見てみると、足元の土地がカナダ滝に続いていて、
カナダ滝がカナダ側にあることがよくわかる。

th_58_20190714193113ef4.jpg

アメリカ側にある展望タワー。
ここから見える人たちはアメリカからナイアガラの滝を見に来た人たち。

th_46_20190714194139c0e.jpg

こんなにすごい景色の中でのランチ。
なんて贅沢なんだろう。



左側にはカナダとアメリカの国境を歩いて渡れるレインボー橋。
税関があるのが見える。

th_63-2.jpg

ランチの後はシェラトンのロビーでガイドさんと待ち合わせ。

th_64-2_20190714194340582.jpg

私達がランチをして居る間に、船が動いているか調べて置いてくれ、
さらにチケットも購入しておいてくれたので、
そのままクルーズ船乗り場へ直行。

th_65_20190714194342b36.jpg

乗船場まで降りていきます。
ナイアガラの滝が近づいてきてドキドキ!高揚感。

th_66_20190714194343497.jpg

乗り場に到着。
ホーン・ブロワー・ナイアガラ・クルーズ。

th_67_20190714194344d9c.jpg

ナイアガラの滝壺に突っ込むアトラクション。

th_68-2.jpg

オープンエアのクルーズ船のデッキでは、嵐の中にいるような強風と水しぶき。
濡れるのは免れないので、このビニールポンチョが必須。

th_70_201907141950161ef.jpg

青いポンチョはアメリカ側から出発したクルーズ船「霧の乙女号」

th_71_20190714195017ac1.jpg

赤いポンチョはカナダ側から出発。

th_69_20190714195514f77.jpg

初めはポツポツ雨くらい水しぶき。

th_72_20190714195515686.jpg

近づくにつれ、轟音と船の揺れも雨もすごいことに。

th_73_20190714195516f14.jpg

近くまで行くと写真も撮れない状態。





th_75_20190714200029935.jpg

嵐から抜け出せた瞬間。
水しぶきで白く煙っている。

th_76_20190714200030452.jpg

ナイアガラの滝の真上はナイアガラからでる水蒸気の影響でいつでも雲が出来ているのだそう。
そのため晴れていても滝の真上一部分だけ曇り&雨。

不思議な現象。

th_77_20190714200308fca.jpg

帰りはこの乗り物で地上に上がります。

th_78_201907142003113f3.jpg

乗ってみると結構垂直で怖い。

th_79_201907142003116cc.jpg

豪快な大自然を満喫した後のこの景色。
カナダでは貴重な青空と暑いくらいの日差し。
リゾート感が一気に高まる。

th_81テーブル

アトラクションを楽しんだ後は、カナダ滝を真横から眺められるビューポイントへ。

th_80テーブル

「テーブル・ロック」

th_82テーブル

悠然と流れてきた大量の水が一気に流れ落ちる様がすぐ間近で見ること出来る。

th_83テーブル

晴れているのに雨?と思いきや、滝からの水しぶきが風に乗って流れてくる。



th_84テーブル

さらに近づきます。

th_86テーブル

水の厚みがすごい。
左下には滝にかかる虹が見えている。

th_87テーブル

大河が滝に変わる瞬間。





th_88テーブル

北米では最もポピュラーな鳥、ハゴロモガラス。

th_89.jpg

15時40分にテーブルロックを出発。
帰りもガイドさんの車の運転でトロントへ。
車の中ではぐっすり睡眠。

17時40分ホテル着。

th_90_20190714203530c39.jpg

ガイドさんにお別れを言い、夜ご飯がてらほんの少しトロントの街を歩きます。

th_91-2_20190714203531d0b.jpg

前日は雨だったので、また違った雰囲気のトロント中心地。

th_93.jpg

トロント旧市庁舎。

th_92_201907142035333c4.jpg

ショッピングモールのイートンセンターとカナダ最大のデパートチェーンであるザ・ベイ本店を
連結させる通路。

th_96_20190714204528f43.jpg

その通路をくぐった先にある「Bannock バンノック」がこの日のディナーの場所。

th_94.jpg

トロントの地元料理が食べられるレストラン。

th_95-2.jpg

バーを併設したオシャレなお店。

th_94JPG-2.jpg

外はランチタイムのような明るさだけれど、すでに19時半過ぎ。

th_97_20190714205116266.jpg

夜ご飯の後はイートンセンターの中を通り抜け。

th_98-2.jpg

ホテルの方へ向かいます。

th_99-2.jpg

トロントの街中はゆっくり見ることが出来ないままだったけれど、
同じカナダでもモントリオールとの違いをハッキリと実感。

th_100_2019071420512036a.jpg

充実した1日で、ナイアガラからの高揚感を抱えたままホテルに戻る。
明日はいよいよ日本へ向けて帰る日。

実はこの時、トロントの街中はもう行かなくてもいいかななんて思っていたのだけれど、
こうやって日本に帰ってきて色々調べていると、
まだまだ見ていない場所がたくさんあることに気づかされる。

トロント・アイランドへも行ってみたかったしな。

若い子達のすれた感じも今思うと可愛かったし。

NBAの盛り上がりも今となっては楽しかった。

どんな街にもそれぞれのカラーがあって、それぞれの魅力がある。
どんな国に行っても「またね」という気持ちでその国を後にする。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2019年6月10日 カナダ モントリオールからトロントへ

th_15_20190714120027f74.jpg

モントリオールの街を後にして、この日はトロントへの移動。

th_9_20190714120308591.jpg

朝5時に起床。
早々とチェックアウト。

th_10_201907141203106a7.jpg

前日にF1ファイナルグランプリを終えたばかりなので、
ホテルはまだフラッグチェックのまま。

お祭りが終わった後のもの悲しさがある。

th_11-2_201907141203112e8.jpg

モントリールの市内から空港まではタクシーで30分程度。
市内から空港までは一律料金で41$+チップで45$くらい。

th_12_20190714120313fdc.jpg

モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港へ到着。

th_13-2_2019071412031456d.jpg

国内線のエア・カナダで移動。

th_14_20190714121005452.jpg

8:25のボーディング時間までラウンジで時間を潰します。
朝の時間なのでビジネスマンが多いイメージ。

カナダ国内線なので日本人を全く見かけず。

th_16_2019071412100770d.jpg

9時に離陸し、10時半にトロント・ピアソン国際空港に到着。

th_17_20190714121008ef9.jpg

国内線での移動で大きな荷物を預ける人がほとんどいないため、
荷物の受け取り所はガラガラ。

ポツンと自分たちの荷物だけがターンテーブルで運ばれてくる。

th_18_20190714121010576.jpg

11時頃に空港を出て、11時40分にこの日から宿泊するチェルシーホテルに到着。

th_19-2.jpg

とにかく広くて大きなホテルで、人の数もすごい!

th_19-2.jpg

部屋で荷物を整理してさっそくトロントの街を散策。

th_20_20190714122112606.jpg

トロント初日はどんより曇り空。

th_21_20190714122114168.jpg

チェルシーホテルの裏口。

大きなホテルなので出入り口もたくさんあって、結局最後まで方向が良くわからなかった。

th_22_20190714122115896.jpg

トロントは北米でニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぐ4番目の大都市。

th_23_201907141221174f9.jpg

調べてみると、人口のうち61%がイギリス系で、ほかにイタリア系8%、
東欧系7%などヨーロッパ、アジア、中南米各地からの移住者がおり人種のるつぼとなっているらしい。

th_24-2.jpg

お昼ご飯の場所に選んだのは「WILD WING」

th_25-2.jpg

アメリカ合衆国ニューヨーク州のバッファローにほど近いトロントは
バッファローウイングと呼ばれるチキンウイングが名物。

th_26_20190714123311502.jpg

店内はまさしくアメリカそのもの。

th_27-2.jpg

店員さんもとてもフレンドリー。

th_28_20190714123314d82.jpg

数種類あるフレーバーの中から2種類の味をチョイス。

2人分注文したけれど、案の定ものすごい量で。
1人分で十分だったかな。

th_29_20190714123316fb8.jpg

雨が今にも降り出しそうだったけれど、初めてのトロントなのでもう少し楽しみたい。

th_30-2.jpg

ウーバーでトロントのシンボルCNタワーへ行ってみることに。

th_31_20190714124649893.jpg

ニューヨークみたいな大都市でみかけるアーティスティックなウォールアートがこの街にも。
壁という壁がキャンパスになっている。

フランス系のモントリオールに対してイギリス系都市としての意識がとても強いのだそう。
確かにさっきまでモントリールとはがらりと雰囲気が違う。

どこかで見かけたことのある・・・・と思ったら、壁画のマークもイギリスの地下鉄マークだ!!

th_32_20190714124651a87.jpg

トロントのランドマーク、CNタワー到着。

th_33_201907141246533ee.jpg

1976年にカナディアン・ナショナル鉄道が建設した電波塔。
最も高いところは553.33m。

「世界一高い塔」として有名だったけれど、日本のスカイツリー(634m)に抜かれていまいました。

th_34_201907141246542a6.jpg

でもね、せっかくだからCNタワーからトロントの街を眺めていることに。

th_36_2019071413003646e.jpg

お天気も悪いため、チケット売り場はガラガラ。

th_37-2.jpg

エレベーターで展望フロアへ。

th_38_20190714130039a66.jpg

お天気のせいでどんより霞がかかっているけれど、なんとか見渡せるくらい。

th_39-2.jpg

そのかわり展望台はすいているので、それはそれで良かったかな。

th_40_20190714130456c6f.jpg

では、このまま展望台を一周して景色を見ていきます。

th_41_201907141304584fb.jpg

海のように見えるけれど、オンタリオ湖。
遙か彼方、湖の向こう側はアメリカのニューヨーク州。

th_42_2019071413045903f.jpg

浮かんでいるのはトロント・アイランド。

公園やサイクリングロード、カヤック、バーベキュー、ホテルに居住区といった
様々なアクティビティが出来る施設を構えたリゾート・アイランド。

th_43_201907141305016fb.jpg

アイランドへ行ったり、クルージングを楽しむ人たちのためにハーバーには船がたくさん。

th_44_201907141305029b8.jpg

晴れていたらさぞかしキレイだったんだろうな。

th_45_2019071413123045e.jpg

トロント・アイランドには
ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港(Billy Bishop Toronto City Airport)も。

トロント中心地からすぐ近く、歩行者専用のトンネル、あるいは専用フェリーでアクセスできる。

緊急時を除きジェット機の使用は禁止されていて、民間機、医療用航空などに使用されている。

th_46.jpg

th_47_20190714131233442.jpg

th_48_201907141312344ce.jpg

こんなにクルーザーを持っている人がたくさんいるなんて、
さすがカナダでも富裕層が多いと言われるトロント。

th_49_2019071413123686f.jpg

足元には「RIPLEY’S AQUARIUM OF CANADA」と呼ばれるリプリー水族館の屋根が見える。

th_50_201907141323376aa.jpg

外に出るとなぜか道路が警察官の厳戒態勢。
目の前の道路も車での通行が一切禁止の封鎖状態。

車も停められず、少し先の方まで歩いてみる。

th_51_20190714132339a70.jpg

この辺り、ユニオン駅の目の前にある天を突くような摩天楼が並ぶエリア。
ここにはカナダの主要銀行がすべて集まっていて、別名「カナダのウォール街」と呼ばれている。
ひときわ目立つ金色のビルは「ロイヤル・バンク・プラザ」
表面には本物の金が約70kgも使われているのだそう。

th_52-2.jpg

歩いて居るとどこもかしこも人だかり。
有名人でも来るのかなと思っていたら、
カナダのオンタリオ州トロントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム
「ラプターズ」の選手イベントがあるらしい。

確かに、NBAのユニフォームを着ている人が多い。

NBA30チーム中、アメリカ合衆国以外の国に拠点のあるただ一つのチームなので、
カナダの、特にトロントの人たちにとっては希望の星。

NBAファイナル2019は6月14日〔現地の13日)なので、ファイナル試合に向けて
みんな熱が入っているところ。

th_53-2.jpg

カナダ最大のスーパーマーケットチェーン「Loblaws ロブ・ローズ」でちょっとお買い物。

th_54_20190714132343233.jpg

買い物後にユニオン駅の近くからウーバーで車に乗り込み、
トロントのウィスキー蒸留所後を再開発して誕生したディスティラリー地区へ。

th_55_20190714134323209.jpg

この辺りで、とうとう雨がポツポツと降り始めた。

th_56_201907141343253a7.jpg

19世紀にウィスキー蒸留所として活躍したビクトリア時代の産業建築物を再利用して
2003年に生まれた複合スペース。
ショップ、ギャラリー、劇場、カフェなどが入る観光スポットとなっている。

th_57_201907141343272c6.jpg

th_59_201907141343298f3.jpg

赤レンガ造りの建物とオシャレなショップが建ち並び、
お天気が良ければさぞかし写真映えする場所だろう。

th_58-2.jpg

th_63_201907141349589ed.jpg

せっかくなのでカフェでお茶をすることに。

th_62_20190714134957e2c.jpg

フランス色が強いモントリールのパティスリーとは違い、
こちらはアメリカンなショーケースの中のスイーツ。

th_61-2_20190714134330c1d.jpg

雨が降っていても安心な屋根付きのフロア。

th_64-2.jpg

レモンのジェラート。

th_65-2.jpg

雨が本格的になってきたので、ホテルの方へ戻ることに。
見たい場所はたくさんあったけど仕方ない。

ウーバーを待っている間、この施設の中にあるマンションの1階で雨宿り。
マンションに出入りして居る人をただ眺めていたけれど、
生活感のある一コマが今でも印象に残る。

コンビニの袋を下げていたり、犬の散歩から帰ってきたり、
この人達には当たり前の日常。

どんな有名な観光地でも、そこにある世界中の当たり前の「日常」を見かけるのが何よりも楽しい。

th_66_20190714135918bb7.jpg

ホテルに戻ってひと休み。

th_67_20190714135920763.jpg

翌日は朝早くからナイアガラの瀧を見に行く予定になってるため、
朝食を買いにスーパーマーケット探しを兼ねて近くのショッピングモールへ行くことに。

th_68_201907141359218bb.jpg

トロント・イートン・センター(Toronto Eaton Centre)はトロントを代表する
大型のショッピングモール。

th_69_20190714135922406.jpg

2016年にはカナダでは初となるユニクロ(UNIQLO)の第一号店がここに上陸。
ノードストローム(Nordstrom)というアメリカの大型百貨店も入っている。

th_70_2019071413592496a.jpg

・・・・・・が、しかし、本来の目的のスーパーマーケットは入っておらず。

th_71_201907141416117c8.jpg

街を歩いていて思うのは、モントリオールの街との違い。

th_72_20190714141614b61.jpg

フランス文化の色濃いモントリオールと打って変わって、
トロントの人たちはアメリカ人のノリ。

th_73_2019071414161442b.jpg

服装もかなりアメリカナイズ。
若い子の服装もモントリールとは全く違う。

街中で若い子達が集まっては大騒ぎ。
そしてお決まりのマリファナの匂い。

NBAファイナルを控えている影響か、みんなテンションが高い。

th_74_20190714141615e43.jpg

スーパーマーケットは意外にもホテルのすぐ近くにあり、そちらで翌日の朝食を調達。

th_75-2_20190714141616684.jpg

「メトロ Metro」はカナダでは業界3位のシェア。
モントリオールで創業、ケベックとオンタリオ州で運営されている大手チェーン店。

th_76-2.jpg

朝ご飯用にクラッカーやチーズ、サラミなんかを買い込む。

th_77_201907141427142a5.jpg

th_78_20190714142716457.jpg

th_79-2.jpg

海外特有のスーパーマーケットの雰囲気。

th_80_2019071414271841c.jpg

帰りがけ、お昼ご飯を食べた「WILD WING」の前を通りかかると大行列。
すいている時間に行っておいて良かった。

th_83_20190714143118175.jpg

私達の夜ご飯は「Red Lobster」
日本にもあるのでもちろんみんなが知っているお店。

th_81_201907141431150be.jpg

大自然に恵まれたカナダは食材の宝庫。
ロブスターもカナダで有名な食べ物の一つなので、
ぜひカナダでも食べてみたい。

まぁ、肉に飽きていたというのも理由の一つ。

th_82_20190714143116239.jpg

「Red Lobster」はトロントには3店舗ある。
今回はホテルからも近い大型ショッピングモールのEaton Center のすぐ近くにある店舗。

ホテルからも歩いて10分かからない、地下鉄のDundas駅から徒歩5分くらいのところにある。

th_84-2.jpg

店内は薄暗く、日本よりも高級な雰囲気。

th_85_201907141431266d3.jpg

お店のスペシャル料理の一つの、Ultimate Feast とオマール海老のビスクを注文。
ロブスターのほかにも、カニやエビなど、盛りだくさんの内容。

感想は・・・・・
とにかく味付けが濃い。
そしてアメリカンな大味。

ここでもモントリールとの違いにビックリ。
フランス文化のモントリールでは料理の味付けも盛りつけも繊細だったけれど、
トロントはアメリカ料理。

ショーケースの中にあるデザートで例えると一目瞭然で、
キレイに飾られた繊細なケーキから、とにかく大きくて独特カラーのカラフルなケーキに大変化。

隣り合った州なのに、モントリオールのあるケベック州とトロントのあるオンタリオ州では
こんなに違うのかと衝撃を受けた。

th_86.jpg

トロントの街中はファイナル試合に向けてNBAのラプターズ一色。
街中がお祭り騒ぎ。
この日の夜も試合中継があったらしくスポーツバーではお店の外まで人がごった返している。

お店で席を案内されるときも「テレビの見えない席なら案内できるけど」的な感じで
テレビの見える特等席は大盛り上がり。

テレビの見えないこちらの席は落ち着いた雰囲気で、のんびり食事を楽しむ人たちばかり。

帰り際、夜遅くまで騒いでいる人たちを横目にホテルに戻る。
みんな楽しそう。

真夜中、ホテルの人たちもみんな寝静まった頃、
遠くの方に聞こえる奇声やパトカーのサイレンの音。
これぞ海外って感じ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2019年6月9日 カナダ モントリオールの街を散策

th_61-2.jpg

モントリオール3日目です。

th_3_20190702221137fdb.jpg

うめちゃんが朝食を食べないと言ったので、わたし一人で朝食へ。

th_4.jpg

そしてゆっくり10時頃ホテルを出発。

th_5.jpg

モントリオールを一緒に過ごしていた仲間達とは昨日でお別れ。
この日からうめちゃんとの二人旅が始まります。

th_6-2.jpg

ホテルの角でウーバーを呼んで待ち合わせ。

th_7.jpg

とてもいいお天気です。

th_8.jpg

オールドモントリオールと呼ばれている旧市街はパリの街並みそのもの。

th_9.jpg

車で5分ほどの「旧港 Old Port of Montreal」に向かいます。

th_12_2019070222170626b.jpg

旧港に到着。

th_13_20190702222808215.jpg

サイエンスフェスティバルをやっていて、子供連れのファミリーで賑やか。

th_15_201907022228103a4.jpg

海に沿ってキレイな遊歩道が続いていてとてもキレイな公園。
みんなサイクリングやジョギングを楽しんでいる。

th_14_20190702222809765.jpg

銀色の頭のマルシェ・ボンスクール。
昔は入港する際の船の目印になっていたとか。

現在はショッピングモールとして変身。

th_17-2_20190702222813a47.jpg

バトームシューというクルーズ船に乗りたかったのだけれど、F1の影響からかこの日は運航無し。

th_16_20190702222812498.jpg

同じようなAMLキャバリエマキシム船に乗船することに。



th_18_20190702222815297.jpg

チケットを買ってまずは乗船。

th_21_201907022240370f3.jpg

乗船前の建物を中はキレイなトイレや待合室があって快適。

th_22-2.jpg

最大850名様まで収容可能な大きな船。

th_23-2_201907022240404c5.jpg

屋外デッキから屋内にはダイニングルーム。
バーやフードコーナーまであるので、ちょっとした船旅みたい。

th_24_20190702231520141.jpg

まずはデッキに出て景色を眺める。

th_25_20190702231522ae9.jpg

歩いて5分ほどの場所にあるノートルダム大聖堂がすぐ近くに見える。

th_36_20190702231715e0c.jpg

ノースリーブでも暑いくらいなので、すぐに船内に移動。
山盛りのナチョスやドリンクを買い込んで、冷房の効いた船内でクルーズに出発。

th_28_2019070223364418b.jpg

出発してすぐに見えたこの変な建物。

1967年にモントリオール万国博覧会が開催された際に行われた建築コンテストの優勝作品を
実際に建てたもの。
万博終了後しばらくはモントリオール市が管理する市営住宅として使われていたけれど、
現在では分譲マンションになっているそう。
気になるお値段はRiver Viewの部屋では軽く1億円を超えるのだとか。

th_27_201907022341470ca.jpg

ジャック・カルティエ橋をくぐって・・・・・・

th_29_20190702234149ec9.jpg

最初に見えてきたのは白い時計台。
イギリスのロンドンにある“ビック・ベン”を模して建てられた“クロックタワー”で
第一次世界大戦で亡くなられたカナダ船員の記念碑として建てられた。

th_30_20190702235038035.jpg

モントリオールが拠点となっているシルク・ドゥ・ソレイユ。
ここからあの驚愕のショーが発信されている。

th_31_20190702235245cb5.jpg

1976年にモントリオールで開催されたオリンピックのスタジアム。
今ではスポーツイベントが行われる会場に。

th_32_20190702235627bfd.jpg

セントローレンス川は川幅が広いので、普段は海で見るような大きなタンカーや船が停船している。

th_33_2019070223574755c.jpg

前日にF1を見た ノートルダム島とサンテレーヌ島のバイオスフィアが見える。

th_34_201907022359216a6.jpg

もうそろそろスタート地点に戻ってくる。

th_26_201907030007409c5.jpg

みんなデッキで日光浴をしながら、カナダでは貴重な初夏の季節を楽しんでいる。
1時間半のクルーズは遠くからモントリオールの街並みを眺めながら、のんびりと時間が流れた。

th_37_201907031045494e4.jpg

降船した後は次の場所へ。

th_38.jpg

オールドモントリオールの街をノートルダム大聖堂に向かって歩きます。

th_38-2jpg.jpg

ちょうどノートルダム大聖堂の真横。

th_60_20190703104555f79.jpg

そしてこちらが正面。

th_61_201907031052567f2.jpg

外観はパリのノートルダムに比べてずっとシンプルだったけれど、
一歩足を踏み入れればこの荘厳なゴージャス感。

th_61-1.jpg

ブルーにライトアップされた大きな祭壇やおおきなパイプオルガン、
細かい細工のされた柱や天井の装飾。

th_63_20190703105257f33.jpg

プルピット(The Pulpit)と呼ばれる螺旋階段状の装飾は大聖堂内の価値ある装飾の一つ。

th_64_20190703105259617.jpg

通常、教会のステンドグラスは聖書の場面やキリスト教に関連する事柄が描かれているけれど
モントリオール・ノートルダム大聖堂のステンドグラスはモントリオールの歴史が描かれている。

th_65_20190703105300ce2.jpg

お祈りの為のキャンドル。
華やかな色の組み合わせと揺らめく炎が心を穏やかにしてくれる気がする。

th_66_20190703111120880.jpg

ノートルダムを背に、目の前にあるダルム広場。
フランスの地理学者および探検家で、
ケベック植民地の基礎を築いたサミュエル・ド・シャンプランの像が建つっている。

th_68_20190703111123907.jpg

ノートルダムを背に右手の方向。

th_67_20190703111122bd9.jpg

こちらは左手の方向。
ここでウーバーで車を拾います。



うめちゃんの大好きな「JAMES PERSE BOUTIQUES」へ。
ガイドブックにも載っていないおしゃれな地区にある。

th_69_20190703112448ef5.jpg

「Sherbrooke Street West  シャーブルックストリートウェスト」と呼ばれるこの地区は
モントリール市内中心部から西にある。

th_70_2019070311245021f.jpg

高級な住居、高級なマンション、リッツカールトンホテル・・・・
ちょっとリッチな人たちが住んでいる場所。

th_71-2.jpg

それはもうオシャレで、日本で居ると青山や代官山の雰囲気。

th_72-2.jpg

大きな犬を連れた散歩中のマダムがそのままお店の中でショッピングしていたり、
道の途中にはワンコ用の水が置いてあったり、犬にもとっても優しい。

th_75-2.jpg

・・・・・・で目的の「JAMES PERSE BOUTIQUES」
日本ではジェームスパースと読むけれど、ここモントリオールではジェームスペルセというのだそう。

オシャレな店内。

観光客のいないこの地区だからか地元人と間違われるうめちゃん。

th_74-2.jpg

買い物をした後は「JAMES PERSE BOUTIQUES」に隣接したカフェでティータイム。

th_73-2.jpg

こちらもオシャレ。
目の前を行き来する人たちを眺めているだけで本当に楽しい。



こんな風に毎日を過ごしている人たちがいるなんて。
日本でのせかせかした時間が嘘のように思える。

th_76_20190703113510b0f.jpg

非日常の時間を満喫し、この後はモントリオール市内に戻ります。

th_77_20190703114218e50.jpg

帰り道は、モントリールで日常を過ごす人たちの生活を垣間見ながら。

th_78_20190703114219902.jpg

こんなキレイな場所が日常だなんて羨ましい。

th_79_20190703114221d88.jpg

けれどカナダでは1年の大半が秋冬なので、それはそれで大変なのかな。

th_82.jpg

車で20分ほどかけて市内中心部ダウンタウンへ到着。
見上げると街中にメイプルの木。

楓の葉っぱは大きくて、風に揺られるたびにザワザワと音を立てる。

th_81_20190703124440433.jpg

1年の大半を寒さと雪で覆われるカナダでは地下街が充実している。

th_80.jpg

暖かい貴重なこの季節はみんな地上の心地よさを楽しんでいるため、地下街はこんな感じで閑散。
けれど主要都市の真下には暖かなこの空間がどこまでも広がっていて、
冬の厳しい季節にはみんなの憩いの場になっている。

th_83_20190703124443b54.jpg

さて、かれこれ1週間カナダにいるうめちゃん。
そろそろカナダの食事に飽きてきた。

th_87-2.jpg

この日のディナーは海外に行くたび恒例となってきた博多ラーメン。

th_88-2.jpg

カナダ発祥の「金とんラーメン」

th_90.jpg

カナダ最大の都市トロントに本店を構える人気ラーメン店で、
カナダに12店舗(うち10店舗がトロント、2店がモントリオール)にある。

th_91-2.jpg

日本にも2018年に1号店が出来たのだそう。
カナダ発だなんて変な感じ。

なかなか美味しかったです!!!

店員さんのかけ声が「わっしょ〜い!」なのが笑えた。

th_92.jpg

まだ20時前だしホテルに帰るには少しばかり早い時間。

th_93-2.jpg

チャイナタウンを見て回ったり、

th_95_201907031310392f3.jpg

旧市街の街を見て回ったり、

th_094-2_20190703131038c63.jpg

モントリール最後の夜を楽しむ。

th_IMG_1761.jpg

初日に見かけた素敵なお店は雑貨やフードを売っているショップで、

th_L1170651.jpg

デリを店内で食べられるカフェにもなっていた。

th_96_20190703131310eb5.jpg

今、日本に帰ってきて思い返すと、
モントリオールはカナダとパリを両方楽しめるお得な場所だった印象。

ヨーロッパの素敵な街並みと、21時でも明るいこの感じ。
そうそう、懐かしい。

th_97-2.jpg

モントリールの〆はスタバ。

翌日はモントリールからカナダ国内線でトロントへ飛ぶ予定。

また来るね、モントリール。
とても素敵な場所だった。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2019年6月8日 カナダ モントリオール F1観戦

th_016_20190624135300850.jpg

モントリオール2日目はF1観戦のイベント。

th_002_20190624135345160.jpg

朝7時半に起床して朝ご飯。
ホテルの中までフラッグチェック。

th_003_20190624135346da9.jpg

ホテルのロビーでF1観戦に行く仲間たちと10時半に待ち合わせ。

th_004_20190624135348e52.jpg

少し時間があったのでお散歩がてら近くの『Jean Coutu』(ジャン・コトゥ)というドラッグストアへ。

th_005-2_2019062413595059f.jpg

ちなみにモントリオールでよく見かけるのは2つのドラッグストアチェーン。
『Jean Coutu』(ジャン・コトゥ)とPharmaprix(ファーマプリ)

th_007_201906241401062f2.jpg

コンプレックス・デ・ジャルダンというショッピングモールの中へ。

th_008_20190624140107a48.jpg

朝9時半オープン。

th_009-2_20190624140109e07.jpg

約110軒のショップが入っているらしく、もっとゆっくり見たかったけれど
待ち合わせの時間が迫っているので早々と退散。

th_006_201906241353514a5.jpg

初夏のカナダの新緑とこの太陽の日差し!
カナダでは貴重な短い夏を過ごせて幸せ。

th_010-2_201906241411358df.jpg

ホテルからすぐ近くの「Place-d'Armes プラス・ダルム」駅から地下鉄に乗車。
駅の名前がフランス語なのでなかなか読めない。

th_012-2_20190624141137a44.jpg

普段電車の乗らないせいか、チケットを買うのにも改札口を通過するのにも手こずる社長さん。
うめちゃんが改札口の通り方を教えてあげるという変なシチュエーション。

th_013_20190624141138963.jpg

駅を降りた途端に目に飛び込んだのは「「モントリオール・バイオスフィア」
隣のサンテレーヌ島にある「水の博物館」

th_014_20190624141140aac.jpg

サーキットへ向かう人でものすごい人混み。

th_015-2_20190624141141e4d.jpg

F1はモントリオールのすぐ沖合いの小島ノートルダム島の
「ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット」で行われる。

th_017_20190624143057027.jpg

公園内の周回道路を利用してコースが作られているのだそう。

th_018-2_20190624143058278.jpg

案内に沿って席へ向かいます。

th_020_20190624143100c3c.jpg

席の場所。

th_021_20190624143101403.jpg

タイムスケジュール。

th_022_2019062414310392d.jpg

見取り図。

th_023_20190624143434df3.jpg

観客席はぎっしり。

th_024_20190624143435f9f.jpg

誘われて行ったものの、正直F1がわからない・・・・

th_025_20190624143437afb.jpg

昔、父親が深夜に見ていたっけなとか、テーマ曲の「TRUTH」が記憶にあるくらい。

th_026_20190624143439feb.jpg

かろうじて父の影響でアイルトン・セナやミハエル・シューマッハ、
日本人でも鈴木亜久里とか片山右京の名前を聞いたことある程度の知識。

th_27_2019062414344075c.jpg

スピード早いなぁとか音がすごいなぁくらいの感想しか書けないのがもどかしい。

th_028_20190624143441dac.jpg

まぁ、でもいい経験になりました。



th_030_201906241443418d6.jpg

さて、こちらはサーキットの裏側。

th_031-2_201906241443428b6.jpg

1976年のモントリオールオリンピックでボート競技の会場にもなった場所。
セントローレンス川の中州に造られた人工島なので、周りは水に囲まれている。

th_032-2_201906241443441e3.jpg

歩いて島の中をお散歩。
島全体がお祭りのようになっていてカーニバル状態。

th_033_20190624144345f89.jpg

F1観戦を見に来るだけでなく、エンターテイメントを楽しんだり、
ただただ公園でのんびりデートしているだけの人たちもいる。

th_034_201906241443477eb.jpg

F1観戦に来るということが目的で無く、島全体の賑やかな雰囲気をみんなが楽しんでいる感じ。

th_035_201906241449114d4.jpg

公営の「モントリオール・カジノ」



th_036_20190624144912dff.jpg

みんなで芝生に座ってランチ。
大きなピザとカナダ発祥贅沢ポテト「プーティン」
アツアツに揚げたポテトフライにグレイビーソースとチェダーチーズかけたもの。

th_038_201906241449158dc.jpg

レモンが丸ごと入ったレモネード。

th_037_20190624144913c4a.jpg

一緒に行動していたアブドーが摘んでくれたリラの花。
日本で言うライラック。

今の時期だけ楽しめる。
とてもいい香り。

ここで社長のジョンとはお別れ。
アブドーに駅まで送ってもらい、ここから夜ご飯まではうめちゃんと二人行動。

th_054_20190624145630093.jpg

ダウンタウンの方へ散策。

th_053_20190624145629a01.jpg

ショッピング・センター、デパート、ショップ、レストランなどが並ぶメイン・ストリートの
「サント・カトリーヌストリート」はF1の影響か高級車でいっぱい。

th_055_2019062414563207d.jpg

街中もF1一色。
遠くで高級車のエンジンの爆発音がひっきりなしに聞こえてくる。

th_056-2_2019062414563307c.jpg

さらに街中はマリファナの匂いのすごいこと!
マリファナ非合法の日本人のからすると、こんなに吸ってて大丈夫?と心配になってくる。

th_057_20190624145635b72.jpg

クライスト・チャーチだと思って写真を撮っていたけれど、
調べてみたら「セント・ジェームス・ユナイテッド教会」だった。

1803年に設立されたダウンタウンの文化遺産の教会なのだそう。

th_058_20190624150939022.jpg

モントリール美術館の前を通ってホテルのあるほうへ移動。

th_059_2019062415094116f.jpg

th_060_20190624150942b1c.jpg

ノートルダム大聖堂まで戻ってきた。

th_062_201906241509444e8.jpg

カナダ入りしている仲間達と合流し、そのまま旧市街のほうへ。

th_062_201906241509444e8.jpg

モントリール市庁舎。

th_063_20190624150945545.jpg

市庁舎から旧港に抜ける細長い広場がジャックカルティエ広場にある
イギリス海軍のネルソン司令官記念碑。

th_064_20190624151654761.jpg

th_065_20190624151655dd2.jpg

広場と言うよりも幅の広い通りといった感じ。

th_066_2019062415165752c.jpg

花壇に彩られ周囲を石造りの建物に囲まれている雰囲気はヨーロッパのような佇まい。
両脇にはカフェやレストランが並んでいる。

この先には旧港があり、海と海沿いの公園が広がっている。

th_068_20190624151700dc2.jpg

こんなに明るいけれどすでに19時半過ぎ。
夜ご飯にチョイスしたお店へ向かいます。

th_069-2_201906241520367d7.jpg

ところが!
さすがF1の時期のモントリオール。

カナダだけでなく世界中からF1好きが集まっているとだけあって、
レストランはあいにく満席。

有名なお店や評価の高いお店はどこもいっぱいみたい。

th_077-2_20190624224935e2c.jpg

仕方なく、先ほどレストランが並んでいたジャック・カルティエ広場まで戻ることに。

th_070_20190624152037174.jpg

途中で見かけたシャトー・ラムゼイ博物館。

1700年代前半にモントリオール総督の邸宅が展示してある。
現在は歴史的建造物に指定。

th_078_201906241520407db.jpg

奥の方に見える銀色頭の建物は「マルシェ・ボンスクール」というショッピングモール。
昔はこの目立った屋根が入港する船の目印になっていたとか。

th_079-3.jpg

5分ほどでジャック・カルティエ広場に戻ってきた。

th_079-2.jpg

相変わらずの賑わい。

th_080-2.jpg

たまたま歩いていて訪ねたお店に聞いてみると、今ならなんとお店に入れるとのこと。
この日のディナーは6人。
全員で座れるならぜひ!と喜んで入店。

th_081-2_20190624152733793.jpg

「JACOPO」
「ヤコポ」と読むらしい。

オープンテラスのあるイタリアン。

th_082_20190624152734393.jpg

みんなで過ごす最後の夜なのでちょっと贅沢ディナー。

th_083_20190624152736755.jpg

周りを見渡せば本当にゆったりのんびりディナーを楽しんでいるけれど、
日本人の私達は早く次の料理が出てこないかなとソワソワ。

こういうところ、海外の人を見習いたい。

2時間半くらいかけたディナーにちょいお疲れ。

th_084_201906241527378b9.jpg

外に出るとすっかり夜が更けている。

th_085_201906241531047ba.jpg

1年の半分以上が冬のカナダでは、暖かいこの季節は特別な時期なのだそう。
みんな夜遅くまで本当に楽しそう。

th_086_2019062415310556d.jpg

この後はホテルまでみんなで歩いて戻ります。
20分くらいの食後の腹ごなしにちょうどいい距離。

th_100_201906241531062a5.jpg

さてさて、海外旅行で恒例となった「無くし物」またしても勃発。

インドネシア・バリでパスポート、
オーストラリア・ブリスベンではカメラ、
フランス・パリではiPhone、
イギリス・ロンドンからの帰路ではお土産、
エアーズ・ロックでは航空チケット。

ちなみに全て運良く手元に戻ってきている。

今回はF1会場の椅子の隙間からサングラスを落とす事故。
ちょうど高い位置から遙か下方の芝生の上に落ち、そこは一般の人は入れないエリア。
翌日に取りにくれば返せるとのことだったけれど、諦めてあたしいサングラスを新調することに。

で、購入したのがレイバンとモントリオールF1コラボ。
フェラーリのサングラス。

絶対に日本じゃ手を伸ばさない一品。
ここでしか買えないってことと、モントリオールF1の記念にこれをチョイス。

サングラスを無くしてしまったけれど、新しいサングラスが手に入ったってことで!
なんか残念なような嬉しいような。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2019年6月6日〜7日 カナダ モントリオール初日

th_001_201906211318131c8.jpg

2019年6月7日。
カナダのモントリオール入り。

th_002_20190621131814007.jpg

先にカナダに行っているうめちゃんに合流するため、
前日にマロンとブレアをエリカ実家に預け、実家からリムジンバスを使って成田へ。

慣れない成田のラウンジ。

17:30成田発。
これから12時間の空旅。

th_003-2_20190621131816510.jpg

難無く成田空港から出国し、カナダのモントリオール「トルドー国際空港」に16:45着。

カナダの入国審査は厳しいと言われていたけれど、
日本人だし大丈夫だろうとタカをくくっていたら想定外に入国審査でひっかかる。

「世界まる見え」なんかで見る入国審査や税関のコーナーのシーンさながら。
いろんな部屋にたらい回し。

「あ!このシーン、テレビで見たことある〜♪」なんて最初はワクワクしていたけれど。

「ハズバンドが外で待ってます〜」と伝えれば、
「結婚して何年なの!?」「結婚記念日は!?」「なんで結婚指輪してないの!?」と疑いの眼差し。

このまま入国できないのでは・・・・と不安が高まりソワソワすればするほど怪しまれる悪循環。

「スーツケースの中には何が入っているの?!」の質問に
笑顔で「チョ・・・チョコレート!」と応えたら、
深いため息をついて笑いながら「Go home!」言われ、無事に入国。

かれこれ1時間のロス。

th_004-2_201906211318174ee.jpg

無事にうめちゃんと合流し、ホテルへ向けて出発

日の長いカナダは17時半頃でもこの明るさ。

th_004_20190621131819381.jpg

実はこの日、F1のモントリオールカップのレースコースを歩くイベントに参加予定。
ただ、私の入国審査で遅れに遅れになってしまったため参加を諦めることに。

ところが!
先に行っていた仲間達も参加出来ずに帰って来た。
なんと時間を間違っていたとのことで、すでに終了の時間に行ってしまったそう。

まぁ、どちらにせよイベントには参加できなかったので、
入国審査のゴタゴタもいい経験になったということで。

th_005-2_201906211351147ac.jpg

レストランの予約の時間までの間、みんなでホテルのバーで時間を潰し。
21時頃になってやっとお店に向かう。

th_006-2_2019062113511610c.jpg

カナダ人、ディナーのスタート時間が遅すぎでビックリ。
けれど、外はまだこの明るさ。

ディナータイムが遅くなるのも仕方ないか。

th_006_20190621135117a55.jpg

初めてのモントリオールの街を歩きます。

th_008_2019062113511977d.jpg

「ノートルダム ド モントリオール大聖堂 (Basilique Notre-Dame)」

th_009_2019062113512057e.jpg

カナダ出身のセリーヌディオンが結婚式を挙げた大聖堂。

th_011_20190621135956dde.jpg

モントリオールはF1時期とあって、街中がF1一色。
街中にフラッグチェックがたなびいている。

th_012_201906211359587f2.jpg

「Old Montreal 」と呼ばれる旧市街はフランス領だったころの面影を残すエリア。
古い建物や街並みがとてもキレイ。

th_013_20190621135959146.jpg

道路標識も、メニューも、会話も全てフランス語で、まるでフランスにでも居るみたい。

th_014-2_20190621140001945.jpg

カナダ第二の都市と言われるケベック州モントリオールの別名は「北米のパリ」
カナダの中で唯一フランス語を公用語としている都市。

th_015_20190621141259d78.jpg

フランス語を第一言語とする地域としては
フランスに次いで世界で2番目に大きな都市で、周りを見渡せばどこもフランス語だらけ。

th_016_20190621141301674.jpg

パリの街中にいるかのような可愛らしいお店がたくさん並んでいる。

th_017_20190621141329024.jpg

到着したお店は「Restaurant Graziella」">「Restaurant Graziella」

地元の人がチョイスしてくれたお店なので、きっと美味しいんだろうイタリアン。

th_019_20190621141329d1c.jpg

バンクーバーからF1を見に来ていた友人らも集まって12人で食事会スタート。

th_020_20190621142126945.jpg

カナダの食事はどんな感じかな?と思って食べたけれど、とても美味しい!

あとあとモントリオールを離れてから気づくのだけれど、
モントリオールはフランスがベースのため食事やデザートがとても美味しかった。

この数日後、モントリオールを離れた途端にアメリカンな食事に。
デザートもパティシエが手にかけた繊細なデザートから
アメリカンなビッグサイズのカラフルなケーキに変わります。

th_018_20190621141329739.jpg

深夜0時過ぎまでこの食事会は続き、0時半頃お開き。

レストランの前で別れの挨拶を交わし、みんなで歩いてホテルに戻ります。

th_021_20190621143129d0a.jpg

余談ですが、ホテルの部屋には「no smoking」「no マリファナ」マークが。
当たり前じゃん!と思うけれど、カナダは去年2018年10月からマリファナが合法になったばかり。

元々合法でしょ!ってくらいに吸っていた人がたくさん居たので
現地の人にとっては大きな変化は無かったらしい。

ブラックマーケット根絶のために国が管理することで合法になったのだそうだけど、
街を歩いていると、とにかくマリファナの匂いがすごい。
カナダではタバコを吸ったことある人よりも、マリファナを吸ったことある人の方が
割合的にずっと多いのだそう。

なんだかバタバタな初日だったけれど、明日はモントリールに来た最大目的F1。
早く寝ないと!とベッドに入った時間はすでに2時を過ぎていた。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2019年3月3日 雨の台北と帰国

th_001_20190417181130e22.jpg

台湾3日目の朝。

th_002_20190417181131879.jpg

泊まっているホテルのある中山周辺はどんより曇り空。
今にも雨が降り出しそう。

th_003_20190417181133243.jpg

本格的に降り出す前に朝ご飯を食べに行きます。

th_004_20190417181135706.jpg

中山から台北駅方面に歩き、途中で右折。

th_005-2_201904171811364cc.jpg

少し進んだところに見えてきた赤い看板「四海豆漿大王」

朝6時からオープンしているローカル感満載のお店。

th_006-2_201904171817288a4.jpg

お店の入り口は混雑しているけれど、こちらはテイクアウトの人だかりみたい。
「店内で」と言うと空いている席に案内してくれる。

店内は満席だけれど、回転率がいい。

th_009_201904171817337da.jpg

写真とオーダーシートを使って、それらしいものを注文。

th_008-2_20190417181731a95.jpg

記入が終わったらその用紙を入り口にいるおばちゃんまで渡しに行きます。

th_007-2_20190417181730204.jpg

ガイドブックに載っているお店なので、台湾の人と旅行客は半半くらいのイメージ。

th_010_20190417181735942.jpg

備え付けの調味料で味変も可能。
豆乳と揚げパンと肉まん。
2人分でも300円以下で食べられる。

th_011_20190417182639100.jpg

この日は帰国日。

th_012_20190417182640973.jpg

ホテルに戻ってチェックアウトし、その後は中山周辺を散策することに。

th_013_20190417182641876.jpg

ホテルの窓からの景色。
よく見えないようになっているけれど、台湾の日常風景が広がっている。

th_014_2019041718264203c.jpg

2泊3日の弾丸旅行であっという間だったけれど、ホテルはとても快適だった。

th_15-2_20190417182644a37.jpg

やっぱり台北は中山周辺での宿泊だと交通の便がいい。

th_016_20190417183050596.jpg

ホテルに荷物を預けて外に出ると、とうとう雨が降り出した。
雨の中歩き回るのも大変なので、地下通路で繋がっている台北駅を歩くことに。

th_017_20190417183052c74.jpg

懐かしい通路。

th_018-2_20190417183053c5c.jpg

初めて台湾に来たときに泊まったパレ・デ・シンに併設しているQスクエア。
わかりづらい台北駅もQスクエア内ももう迷うこと無く歩ける。

th_019_2019041718305500b.jpg

お決まりの「ユアンソープ(阿原石鹸)YUAN」
日本で買うより30%オフくらい安いのでいつも大量買い。

なんといっても天然の香りが最高。

th_020-2_20190417183057c16.jpg

今度は中山駅の方へ戻り、「FAVtory快.食.尚」というフードコートへ。
中山駅交差点近く、アーケードの下にあるので雨に濡れずにたどり着ける。

数年前に出来た新しいスポット。

th_021_20190417184104cd2.jpg

空港へ行くにはまだ少し時間があったので、おしゃれスポット中山ならではのカフェへ。

th_023_20190417184105d42.jpg

こだわりの厳選食材だけを使用したカフェ「日子選食」

th_024_201904171841050da.jpg

食パンは3種類から好きなものを、さらにジャムもバターも自分好みのフレーバーを選べるシステム。

th_025_2019041718411601d.jpg

店内は地元のオシャレっ子ばかりで、観光客はゼロ。
もちろん、メニューも日本語メニューなんて無いので、あるだけの知識と経験でチョイス。

th_026_20190417184116334.jpg

頼めば、たくさんあるトースターの中から好きなものを選んで焼くことも出来ます。

th_027-2_201904171854110d1.jpg

店内を見渡してみると、なんだか自分が台湾にいるとは思えない。
まるで日本のカフェで時間を過ごしているみたい。

th_028_201904171854135c2.jpg

さて、外に出ると結構な本降り。

th_029_20190417185415c49.jpg

雨の多い季節で、雨に降られたのは最終日だけだったのは運が良かった。
さぁ、そろそろ空港へ。

th_030_20190417185416ad6.jpg

タクシーに乗って最後に見たホテルの風景。

th_031-2_20190417185417524.jpg


ホテルから空港までは150元(600円)。

この空港も見慣れた景色。
場所も流れもいつも通りに。

th_032-2_201904171900219c0.jpg

1年前とは少し違った配置になった空港の待合室とショップ。

th_033_20190417190022d21.jpg

少し早めに出国手続きを終えます。

th_034_20190417190023221.jpg

出国後のお土産屋さんの配置がだいぶ変わっている。
そういえば1年前は工事をしていたっけ。

th_036-2_2019041719002423a.jpg

th_037_20190417190027d83.jpg

搭乗までの間はラウンジへ。

th_038-2_201904171918562cf.jpg

・・・・で、なぜか謎の個室に案内される。

通常のエリアが混んでたからなのか未だ不明。

th_039-2_20190417191857e58.jpg

16:20 ボーディング
16:50 離陸予定

時差1時間で20時過ぎに羽田空港へ到着。
20時45分に羽田空港を出てマロンとブレアを迎えに行くためエリカ実家へ向かいます。

th_040_20190417191858a98.jpg

ただいま。

マロンとブレアに会えた安心感。

今回は2泊3日の短い旅。
今までに行ったことの無い場所を中心に観光をしたので、
とても充実した3日間だった。

気づけば4年連続で行っている台湾。
台湾はもういいかなぁあと思いつつ、また1年後には行きたくなっているんだろうな。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2019年3月2日 淡水・猫空

th_021_2019031509295224f.jpg

台湾2日目はずっと行ってみたかった場所へ行く予定を詰め込んだ。

th_002_20190315093106c76.jpg

久しぶりに見た晴れた日の台湾。
前回来訪時は記録に残るほどの寒波が来ていた時だったし、前々回は連日の雨。

th_003_201903150931076cc.jpg

初めて台湾に来た時は晴天続きだったから、こんな気持ちのいい景色は4年ぶり。
温かい気温とやわらかい太陽の日差しが気持ちいい。

th_004_20190315093109bac.jpg

台湾の朝ご飯を楽しみたいので、ホテルの朝食はパス。

th_005_201903150931100b2.jpg

大通りから脇道に入ると地元の人が住んでいる場所。

th_006-2_20190315093111a5c.jpg

日曜日の朝とあってお店もまだ閉まっていてひっそりとしている。

th_007_20190315095529650.jpg

台湾トーストの朝食「可蜜達Comida炭烤吐司 クーミィダータンカオトゥスー」
ボリュームたっぷりの炭火焼きトーストが有名。

th_008_201903150955316bf.jpg

注文方法はチェックシート方式。

th_009-2_201903150955331b6.jpg

周りを見てみると、みんなサトウキビジュースを飲んでいたので一緒に注文。

th_010_20190315095534656.jpg

2人分で650円ほど。

食べている間にもひっきりなしにお客さんがやって来る。

th_011_20190315095535622.jpg

中山まで戻って、中山駅から淡水信義線の北の終点「淡水」に向かいます。

th_012-2_20190315100358243.jpg

台北の中でも有名な観光地とあって、ホームにはすごい人。

th_013-2_20190315100400e81.jpg

ずっと行ってみたかった「淡水」
台湾のベニスと呼ばれていて、水辺にはオシャレで古き良き洋風なレストランが並んでいる。

th_014-2_20190315100401b06.jpg

駅からすぐの場所にある「LIDE LIFE」でパスポートを預けレンタサイクルを借りる。

th_015-2_20190315100402234.jpg

自転車の種類は普通タイプ、高速タイプ、2人乗りタイプ、電動タイプなど種類豊富。
私はごく普通の自転車、うめちゃんはイケてる自転車をチョイス。

th_016-2_20190315100404c98.jpg

「淡水老街」は、数百メートルにわたって続く、台湾ならではの情緒あふれるストリート。
「淡水老街」付近は人が多いので歩いて街並み見学。

th_017_20190315101709ce4.jpg

写真には撮れなかったけれど、水辺にはオシャレなカフェがずらり。
バニヤンツリーの下にはソファ席。

こんな場所でゆっくりお茶でも飲めたらいいなぁと思いつつ。
レンタサイクルには鍵がついていないので、寄り道は不可能。

th_018-2_2019031510171084f.jpg

サイクリングロードで「漁人碼頭」を目指します。

th_019-2_201903151017129b0.jpg

朝は晴れていたけれど、この頃には曇り空。
晴れていたらさぞかしキレイだったんだろうな。

th_020-2_20190315101713cac.jpg

「漁人碼頭」は淡水河が海へと流れ込むちょうどその河口にある観光用に開発された港。

th_022-2_201903151017154cf.jpg

ここから見る夕陽が一番キレイに見えるとあって、お昼前のこの時間帯はすいている。
ここからの夕陽の眺めは「淡水八景」にも選ばれているのだそう。

th_023-2.jpg

お土産屋さんも閑散。
やっぱり夕方からが混み合うみたい。

th_024_20190315102845a55.jpg

こちらは「恋人橋」とも呼ばれている「情人橋」という有名な橋。
バレンタインデー(情人節)に開通したことからこの名前が付けられたのだとか。

手を繋いで渡ると恋人同士が別れないというジンクスがあるのだそう。

th_025_20190315102847f21.jpg

自転車の乗って知らない土地の風景を見る。

行きには小径でゴロゴロしていた犬が、帰り道には離れた大通りでくつろいでいたりして。
自由は無いけれど、毎日美味しいご飯をもらっている日本の犬と
一体どちらが幸せなんだろうなんて考えてしまう。

th_026_20190315102848a00.jpg

観光地よりも、こんな何の特徴も無い道の方が印象に残ってる。

th_027_201903151028504f8.jpg

th_028-2_20190315104000eb5.jpg

th_029_20190315104001476.jpg

自転車で淡水老街を走り抜ける。

th_030_201903151040031a6.jpg

人とバイクと車がぶつかりそうなくらいの間隔。
これぞ台湾という感じ。

th_031-2_20190315104004a8e.jpg

さて、レンタサイクルを返却して淡水老街を歩いてまわる。

昼間の夜市みたいな雰囲気。

th_032-2_20190315104006d51.jpg

ここはあまりに人混みがすごいので、空いていてゆっくり出来る場所を目指す。

th_033-2_20190315104631daa.jpg

淡水老街から小径に入る。
インスタ映えしそうな素敵な景色がここから続きます。

th_034-2_201903151046338ec.jpg

th_034_20190315104634b42.jpg

th_035-2_20190315104636253.jpg

th_036-2_201903151046383a7.jpg

カラフルな階段。
このカラフル階段、実は製作段階で近隣住民などから反対もあったのだけれど、
今では淡水のインスタ映えする新しいスポットとなっているのだそう。

th_038_20190315105248566.jpg

こんな素敵な道を進んでいると、やっと見えてきた。

th_039-02-2.jpg

「淡水紅楼」まで続く小径。

th_039_201903151052511a4.jpg

階段を上ると見えてくるレンガ造りの洋館。

th_040_20190315105252471.jpg

階段を登りきった場所から後ろを眺めた風景。

th_041_20190315105254844.jpg

高台にそびえ立つこの洋館は築100年の歴史を持つ建物。
その昔は豪商の邸宅だったとか。

th_043_2019031511064742d.jpg

1階と2階は創作中華料理が食べられる中華レストラン。
3階は淡水を一望できるカフェレストラン。

th_044-2_20190315110649c13.jpg

テラス席もあり。
夜はバーになるのだそう。

th_045-2_20190315110650f20.jpg

せっかくなので、淡水を見渡せる3階のカフェに行くことに。

th_050_20190315110951501.jpg

テラス席に案内してもらう。
晴れていたらもっとキレイだったはず。

th_047_20190315110653efc.jpg

正直なところ食事は期待をしていなかったけれど、
想像以上にきちんとしていてとても美味しかった。

th_051_201903151111471b8.jpg

帰り道は民家の脇を通っていくような細い細い小径を進んでいく。

th_052_20190315111149cfb.jpg

th_053_2019031511115064f.jpg

古跡に指定されている「淡水福佑宮」
1796年に建てられた淡水で最も古いお寺。

th_054-2_2019031511115256c.jpg

「淡水」の駅まで戻ってきた。

相変わらずホームは人でごった返している。
階段も進まず、危ない感じ。

始発なので、悠々と座って台北中心地の方へ向けて出発。

th_055-2.jpg

泊まっているホテルのある「中山」駅を通り過ぎ、「大安」駅で文湖線に乗り換え。

th_056-2_20190315112442838.jpg

MRT文湖線の終点である「猫空動物園」駅に到着。

th_057_20190315120444ccf.jpg

そこから徒歩数分のところにある猫空ロープウェイ「動物園駅」に向かいます。

th_058-2.jpg

猫空ロープウェイは全長4033m、
「動物園駅」「動物園内駅」「指南宮駅」「猫空駅」の4つの駅を結んでいる。

th_059-2.jpg

ここでは絶対的に悠々カード(台湾版Suica)が便利。
MRTの駅でチャージをしておくのは必須。

こちらのロープウェイは大人気なので、すごい行列。
悠々カードを持っていない人は切符売り場にまず並ばなければいけないので、
その間にどんどん列が伸びていく。

私達は悠々カードを常に携帯しているたのでTouch&goで乗車。

th_063_20190315121530dda.jpg

全ゴンドラのうちクリスタルキャビンという全面ガラス張りのゴンドラがある。
通常のゴンドラとクリスタルキャビンとで並ぶ列が異なるみたいで、
私達はもちろんクリスタルキャビンの列に並ぶ。

ちなみにこのクリスタルキャビンは明るいうちに乗るのが正解。
夜になってしまうと真っ暗で何も見えないという悲劇がある。

th_060_201903151215252da.jpg

この高低差が写真でわかるかな。
遠く先の方までロープウェイが伸びているのがわかる。

th_062_20190315121528c3e.jpg

曇り空ともやで霞んで見えるけれど、足元には台北市街が見渡せる。

th_061_20190315121527d80.jpg

山から山を約4km20分のロープウェイ旅。
急角度の方向転換が2箇所もあり世界的にも珍しいらしい。

th_064_201903151228046e6.jpg

到着。
夕暮れ時にちょうどいい。

th_065_2019031512280517f.jpg

「猫空(マオコン)」は絶景と素敵なお茶を楽しめる癒しスポット。
山の緑に囲まれた古くからの鉄観音茶の生産地なので、段々畑が至る所に見える。

th_067-2_2019031512280774c.jpg

台北中心部からアクセスしやすい場所にあるので、駅周辺は観光地化している。

th_068-2_20190315122809cad.jpg

お茶を飲みながら夕方にかけて変化していく台湾の空を眺めるために、
いくつもある茶藝館を物色。

th_069_20190315123249f0e.jpg

山道を進んだ分だけ、すれ違う人がどんどん少なくなってくる。
遠くの方を見るとさっきロープウェイで到着した「猫空」駅。
帰りのロープウェイ待ちですごい行列。

th_070_201903151232519d6.jpg

まずはこちらを偵察。
「貓空山水客茶坊」

雰囲気は良かったけれど、店員さんが少ないのか、
お客さんが少ないわりに手が足りてない感じがあったので、残念ながら違うお店に行くことに。

th_071_20190315123253205.jpg

うめちゃんが来る途中に見たお店が良さそうだったよというので、そちらに行ってみることに。

th_072-2_20190315123254764.jpg

来た道を駅のほうへ戻ります。

th_079_20190315124148e9e.jpg

やってきたのは「雙橡園茶坊」(←何て読むのか未だにわからない)

th_073-2_201903151232562ed.jpg

なかなか素敵な雰囲気。

th_074-2_20190315124632e82.jpg

晴れていれば台北101を望む絶景が見られるテラス席。
どんより曇り空なのが残念。

th_076_20190315124635800.jpg

『木柵鉄観音茶』だったかな?
持ち帰ることができる茶葉を袋で購入し、それを自由に飲める方式。
余ったお茶っ葉は持って帰ることができる。
〔真空パックしてくれる)

th_077_20190315124637d3f.jpg

鉄観音茶は栽培するのに手間がかかることもあり、
いまやここ木柵でも栽培する農家は減っているのですごく貴重なお茶なのだそう。

今まで飲んだお茶の中で一番美味しかった。

九份で飲んだお茶よりもこちらのほうが好み。

th_075-2.jpg

茶藝館といっても夜は普通にレストランのように食事ができるらしく、
周りはがっつりゴハンを注文している。

th_078-2.jpg

まだおなかが空いていなかったので、お茶だけ飲んで夜ご飯は台北中心部で食べることに。

th_080_20190315203053d28.jpg

猫空には放し飼いにされている犬が多いらしく、遠くで吠える犬達の声が山に反響して
真っ暗な夜道ではとても怖く聞こえる。

th_081-2.jpg

少し駅から離れると人も一気に少なくなり、すれ違う人もほとんどいない。
野犬の群れに囲まれたらどうしよう・・・なんて気持ちになり、人の多い場所に戻ってくると安心する。

th_082-2.jpg

駅にはもうロープウェイを待つ長い列は無く、改札に入ったところで10分待つ程度。

猫空の茶藝館は自宅兼お店で家族経営しているところが多い。
地上に戻るロープウェイの中で、台北都市部の眩しい灯りが見えてくると、
ほんの数分前まで居たひっそりとしたあの茶畑に住んでいる人達のことを思い出す。

眼下には花火が見える。
上の方から小さく見下ろしていた花火の音がだんだんと大きくなる。

th_083_20190315205141a7d.jpg

ほんの数時間を山の上で過ごしていただけなのに、
あれから何日も経っているような気持ちになる。

地に足が着いていないような不思議な感覚のまま、
ここからタクシーを使って台北中心地の方へ戻ります。

th_084_201903152100147c0.jpg

到着したのは寧夏夜市(ニンシアイエシー)。別名グルメ夜市。

th_085-2_201903152100162a8.jpg

都心部に近く、グルメ屋台の宝庫。
350mくらいの小さな規模ながらB級グルメのお店が密集している。

th_087-2.jpg

「清心福全」のタピオカミルクティーを購入。

th_088-2.jpg

夜ご飯の場所に選んだのは「蔡家嘉義火雞肉飯」
台湾名物の鶏肉飯が食べられるお店。

th_089-2.jpg

実は美味しいと有名な、ある屋台で食べるためにこの夜市に来たのだけれど、
あまりにローカルな感じに一気にあきらめモード。

th_091_2019031521175549e.jpg

こちらは夜市のお店にしては清潔で観光客でも入りやすい雰囲気。
お値段も1杯110円と屋台並みのお値段。

th_090_201903152117531cf.jpg

しっとりとした鶏肉にしっかりと味が付いていて、とっても美味しい!

th_092_2019031521221528d.jpg

この夜市からホテルのある中山までは駅1つ分くらい。

th_093_20190315212217ae9.jpg

観光客の少ない街中をあるいてみたくて、ホテルまで知らない道を歩いて行く。

th_094_20190315212218507.jpg

th_095_201903152122199c4.jpg

ホテルに到着。
一度部屋に戻って、荷物を身軽にして再びお出かけ。

th_096_20190315213401436.jpg

「足将足体養生会館」
2017年4月にオープンしたばかりとあって、中はとってもキレイ。
深夜1時までやっているのも嬉しい。

th_097_201903152134029f6.jpg

台北の北からはじまり、南まで制覇したこの日。
淡水も猫空も、九份に負けじ劣らず素敵な場所だった。

th_100-2_201903152134030b4.jpg

深夜のロビーにはだれも居なくて、フロント係の人たちだけが眠らない夜を迎えていた。

台湾には24時間営業のマッサージ店もたくさんあるので、
どんなに遅く帰って来てもマッサージに行ってから寝るのが醍醐味。

以前は夜中の2時、3時頃にマッサージ行ったこともあったっけ。

日本に帰ってくると台湾並みのお手軽さでマッサージに行けたらいいのになといつも思う。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2019年3月1日 台北旅行 中山・西門・信義地区

th_001_20190311211310d6d.jpg

1年ぶりの台湾旅行。
今年は3月1日から3日までの2泊3日の旅。

th_003_2019031121131127a.jpg

いつものごとく、先に台湾入りしているうめちゃんと後から合流予定。

前日にマロンとブレアをエリカの実家に預け、そのままリムジンバスで羽田空港へ。

th_004_20190311211312f19.jpg

朝から雨降り。

恒例のラウンジのカレー。

9時20分に羽田発、12時30分に台北の松山空港着予定。

th_005_20190311211314bcd.jpg

松山空港は4回目なので、勝手知ったる感じで空港を出て
そのままタクシーで予めチェックインしてあるホテルへ。

th_006_20190311211315efb.jpg

今回泊まったホテルは中山にある「Hotel Royal-Nikko Taipei 台北老爺大酒店」

th_007_20190311211317c40.jpg

お部屋の広さも水回りも十分。

th_008-2_20190311212255c1c.jpg

簡単に荷物を整理してすぐに出発。

th_009-2_20190311212257716.jpg

お昼ご飯はホテルからすぐの場所にある「京鼎楼」へ。
日本にもあるからいつも行かずにいたのだけれど、
せっかくホテルの近くにあるし、元祖を一度は食べておかないと。

th_011-2_20190311212259fa2.jpg

お店の中はいたってシンプル。
こんな小さなお店の小籠包が日本に進出したのだからさぞかし美味しいんだろう。

th_010_201903112122581a5.jpg

名物の烏龍茶小籠包と蟹味噌小籠包と普通の小籠包を注文。

味は私もうめちゃんも鼎泰豐(ディンタイフォン)の方が好みでした。

th_012_20190311212301764.jpg

お昼ご飯を食べた後は腹ごなしに「華山1914文創園区」までお散歩。

th_013-2.jpg

昔泊まったことのあるシェラトンホテルの近くなので、なんだか懐かしい。

th_014-2.jpg

日本統治時代の酒工場の跡地で現在はカフェレストラン、ショップ、ライブハウスなんかがある
クリエイティブアート空間になっている。

th_016-2_20190311213105739.jpg

インスタ映えしそうな場所がいっぱい。

th_017_20190311213106d3b.jpg

そのまま「善導寺」の駅から今度は「西門」へ。

th_018-2.jpg

「善導寺」はよく使っていた駅だったので、懐かしさを感じる。

th_019-2.jpg

久しぶりの西門町。

th_020_20190311213737efe.jpg

台湾の原宿と言われているけれど、むしろ渋谷のセンター街の入り口みたいな雰囲気。

th_022-2_20190311213739230.jpg

若い子の街というだけあって、流行のスイーツのお店や若い子向けファッションのお店がずらり。

台湾っ子たちに混じってタピオカミルクティー。

th_023_20190311213740b0e.jpg

日本語ではいくら検索しても出てこないけど「舞飲」ってお店なのかな?

th_024-2_20190311213742526.jpg

「西門」からはタクシーに乗ってちょっと気になっていたお店へ。
「生元薬行 Seng Yuang Yao Hang」

「慈禧玉容 ヅーシィユゥロン」という漢方がふんだんに使われたここでしか買えないパックが有名。
日本でも名のある美容家がたびたび紹介しているけれど、
日本が通じなさそうな店内とお値段の高さに怖じ気づいて買わず仕舞い。

次に行った時こそ買ってみようと日本に帰ってきてから思う。

th_025_2019031121374306d.jpg

このお店からは歩いて一度ホテルに戻る。
半袖で歩いていたけれど、夕方になるとやっぱり肌寒くパーカーが必要。

th_026-2_20190311215014680.jpg

こういうとき「中山」はとっても便利。

「台北車庫」だと駅自体が広いので、駅の向こう側に行くだけで10分くらいかかってしまう。

th_027-2.jpg

このあとはタクシーに乗って、台湾で最高級といわれるデパート「BellaVita ベラヴィータ」へ。

th_028_20190311215017664.jpg

観光客はほとんど見当たらず、いるのは台湾のお金持ちばかり。

地上5階までの吹き抜けに館内には5つもの噴水。

th_030_20190311215019072.jpg

なんとこちらのデパートは、ある台湾のIT企業の経営者の3人の愛娘へのプレゼントなのだそう。

人口密度が高い台北にもヨーロッパのようなゆったりとしたカフェを作りたいという希望に合わせ、
デパートの中にはサロン・ドゥ・ジョエル ロブションのカフェや
アフタヌーンティーが楽しめるカフェまで。

th_031-2_2019031121502017b.jpg

HERMÈS、Van Cleef & Arpels、BVLGARI、JOHN LOBB、Christofle、Tod’s、
カフェだけで無く、レストランのL’Atelier de Joël Robuchonまで。

名だたる高級店ばかりが集められている。

th_032-2_20190311220417c8a.jpg

まぁ、どうしてこんな場違いなデパートに来たのかというと、
革靴大好きなうめちゃんの希望。

うめちゃんの好きな「Alden オールデン」や「Crockett&Jones クロケット&ジョーンズ」が
日本より安く買えるらしい。

真剣な顔のうめちゃん。

th_033_201903112204186ff.jpg

信義地区は毎回訪れる場所。

th_034_20190311220420d81.jpg

見慣れた景色の中を歩きます。

th_036_201903112204230aa.jpg

th_037_20190311220958b6d.jpg

以前来た時に「どこまでのびるんだろうね」と話していた建築中の建物は
伸びること無く完成形を迎えていた。

th_038_20190311221000f58.jpg

th_040_20190311221003c17.jpg

恒例のナイキショップでは現地限定の台湾Tシャツを探す。
(うめちゃんのパジャマになります)

th_039_2019031122100128c.jpg

「新光三越」と「微風 Breeze」に挟まれたこのストリートは大好きな場所。

th_041_20190311221004a09.jpg

賑やかで、ストリートパフォーマンスもたくさん行われていて、
とにかくみんなが幸せで楽しそう。

th_042_201903112218273a1.jpg

th_043_20190311221828c47.jpg

台湾の夜はまだまだこれから。
夜ご飯の場所に向かいます。

th_044_20190311221830ec7.jpg

「市政府」から「忠孝新生」で乗り換えて「行天宮」の駅へ。

th_045_20190311221831680.jpg

地元の人としかすれ違わないような、人通りの少ない道を通って訪れた先は「龍鮑翅魚翅専売店」

th_046-2.jpg

龍(ロブスター)・鮑(アワビ)・翅(フカヒレ)が食べられるお店。

オーナーが南部台湾にフカヒレの加工工場を設立して生産しているので、
台湾内のホテルやレストランにフカヒレを卸しているのだそう。

こちらは直営なのでフカヒレを低価格で食べられる。

th_048_20190311221834f0b.jpg

まぁね、フカヒレ自体は無味なので、結局重要なのは味付けってことで。

やっぱり日本で食べる「築紫楼」のフカヒレが一番美味しいような・・・・

th_050_20190311222831832.jpg

ここからは歩いてホテルのある「中山」まで帰ります。

th_051-2.jpg

主要な場所はだいたい土地勘があるけれど、「行天宮」周辺は未開拓の地。

th_052_201903112228348de.jpg

知っている場所に出たときはホッと安心。

th_053_20190311222836e68.jpg

見慣れた景色。中山の交差点。

th_054-2.jpg

今回の旅では「50嵐」は飲まないと心に決めたので
中山地区に出来たドリンクスタンド「日日装茶」

th_045050.jpg

そういえば「50嵐」は日本で「KOI The コイ・ティー」という名前になって上陸中。
表参道にも出来たみたいだけど。「50嵐」のあの黄色い看板とはほど遠く、
なんだかオシャレすぎて「50嵐」じゃないみたいで残念。

th_060_20190311222904a96.jpg

台湾1日目の〆は恒例の台湾マッサージ。

たくさん歩いて疲れた足の血行がぐんぐんと良くなる。

th_062_201903112241466a8.jpg

台湾1日目は懐かしい場所&定番の場所巡りといった感じで終了。

翌日はしっかり予定を詰め込んでいるので、この日は早めに就寝です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2018年11月28日 オーストラリア7日目 帰国日

th_002_20190224205839344.jpg

オーストラリア7日目。
1週間オーストラリアに滞在して、最終日のこの日だけ雨降りになってしまった。

th_004_2019022420584243f.jpg

それでも、最終日までは雨が降らなかったのは本当にありがたい。

th_003_20190224205841916.jpg

滞在中のホテルの向かい側。
マンションの部屋に犬がいるのが見えた。

私達は一時の滞在だけれど、向かい側のマンションには「日常」が繰り広げられていて。

パソコンに向かってお仕事している姿。
その周りを歩いている犬。

ベランダに出てくる女性。
走りながら一緒についてくる犬。

電気が消えたら「今頃犬と一緒に寝てるのかな」なんて思ったり。

きっと当たり前の毎日で、その中に犬がいて。
当たり前の生活模様がものすごく幸せそうに見えて。

日本での自分たちの当たり前の生活もこんな風に幸せなんだなぁと改めて実感。

夜中に目が覚めるたび、マロンとブレアを思い出しながら向かいのマンションを眺めていた。

th_005-2_2019022420584464a.jpg

そんな景色にもお別れを言って、11時チェックアウト。

th_006-2.jpg

雨がすごいので、ロビーで少しばかり時間を潰す。

th_007_20190224205854be6.jpg

うめちゃんが近くのお店で傘を買ってきて、荷物をホテルに預けてランチへ向かう。

th_008_201902242058562af.jpg

Uberで呼んだ車の中から見た「アンザック戦争記念碑」
(オーストラリア人とニュージーランド人の合同部隊が英連邦軍の一部隊として第一次世界大戦に参戦。
 戦争で犠牲になった兵士などを追悼する記念碑)

th_019_2019022421174480d.jpg

ランチの場所はロックスにある「フィリップス・フーテ」

th_009_201902242117299c6.jpg

街中でBBQができるステーキのお店。

th_016-2.jpg

まずは店内のショーケースの中からメインとなるお肉を選ぶ。

th_014_20190224212042f13.jpg

T-boneとフィレ肉をチョイス。

th_013_2019022421204129a.jpg

ショーケースの中のデリや、サラダバーは取り放題。
ソースやドレッシングもたくさんあるけれど、日本のように説明が無いので、
何味なのかわからぬまま選ぶしかない。

th_011_201902242117326c6.jpg

付け合わせの温野菜なんかも説明が書いてあるわけでは無いので、
何となくこれかな?と思いながら頑張って英語で注文する。

th_012_2019022421173369e.jpg

th_017_20190224212046c48.jpg

テラス席は屋根付きのテラスと屋根無しのテラスあり。
この頃には雨はポツポツ程度だったけれど、屋根無しの席は濡れていたので
屋根ありのテラス席で食べることに。

th_010_201902242117319ef.jpg

雨降りだったので、お客さんが少なくてラッキーだったけれど、
普段は混み合うので予約をしたほうが無難なのだそう。

th_015-2.jpg

グリルの上には焼き時間の目安が載っているので参考までに。
BBQではいつも焼き焼き係のうめちゃんが調理中。

th_018_201902242130409ce.jpg

焼きたてのステーキの美味しいこと!

th_020-2_20190224213041426.jpg

おなかがいっぱいになるまでお肉を食べて、やっとのことで動き出す。

th_021-2_2019022421335717a.jpg

雨もほとんど上がり、傘もいらないくらい。

th_022-2.jpg

ロックスの真ん中にある「ロックスセンター」はトイレ休憩にちょうどいい。

th_023_20190224213400d8b.jpg

大好きなロックスに別れを告げて、ダーリングハーバーへ。

th_024-2.jpg

雨も降ったり止んだりなので、屋内で遊べる場所へ移動。

th_025_20190224213403a47.jpg

「ワイルドワイフ・シドニー」&「シーライフ水族館」
雨でも大丈夫な屋内の、シドニーの街中にあるこじんまりした動物園と水族館。

th_026_20190224213915f86.jpg

一番お得な動物園と水族館とマダムタッソーの共通券を購入。

th_027_20190224213917ae2.jpg

これでしばらく雨はしのげるはず。

th_028-2.jpg

小さな動物園&水族館といっても、広さも見応えもかなりのもの。

th_030_201902242139233f9.jpg

ちゃんとコアラもいるし。

th_031-2.jpg

ワラビーの放し飼いもいるし。

th_029_201902242139201d2.jpg

エリナキトカゲやダイアモンドパイソンやタイパンなどの毒へビまで。
世界で最も危険な毒へビのほとんどがオーストラリアにいるので、
毒へビ類の種類は豊富に見ることができる。

th_030-1.jpg

タイガー・クウォールというフクロネコとクロコダイル。

th_032-2_20190224214946a8c.jpg

「シー・ライフ・シドニー水族館」

th_033-2.jpg

サメやジュゴンを間近で見ることができる海底トンネルは圧巻!!

th_035_201902242149515d0.jpg

大きなサメが自分の真上を悠々と泳いでいく。

th_034-2.jpg

th_036-2_20190224214952cf9.jpg

th_037_20190224214954ae1.jpg

もはや自分たちが海の中にいるような雰囲気。

th_040_201902242154442ba.jpg

・・・・・・・で、まだ時間があったし、チケットも持っていたので「マダム・タッソー」

th_042_201902242154478fb.jpg

この二人はやっぱり並べちゃう。
こんな風に並んだ姿はもう見ることは出来ないのかな。

th_041_20190224215446044.jpg

th_038-2.jpg

いやがるうめちゃんを無理矢理写真に撮る。
ビニール傘がキングの杖のよう。

th_039-2_20190224215442f39.jpg

面倒くさそうなうめちゃん。

th_045_20190224215823d34.jpg

すっかり飽きて外に出ると雨がしとしと。

th_046_20190224215825e93.jpg

のんびりホテルに戻って、荷物をピックアップし、早々空港へ向かおうか。

th_048-2.jpg

Uberでフォーポイントシェラトンへ戻ります。

th_050_201902242158280cb.jpg

17時。
ホテルからタクシーで空港へ。

雨で車が捕まらず、ホテルまでタクシーを呼んでもらう。

th_087_20190224215829c80.jpg

空港もクリスマスのツリーやリースで飾られている。

th_088_20190224220457bd9.jpg

出発時間は21時30分。
それまでシドニー空港をエンジョイします。

th_0089-2.jpg

前回のオーストラリアのブリスベン空港で食べたタコス。
シドニー空港にも入っていたので食べてみる。

th_090-2_2019022422050044d.jpg

甘いものが食べたくなったので、オーストラリア名物のウォールナッツタルト。

th_093-2.jpg

出国ゲートをくぐってしまったので、このガラスの向こう側には戻れない。
ガラス一枚。こんなに近いのにな。

th_094_20190224220503918.jpg

シドニー空港は広いので、なるべく搭乗口に近づいておくことに。

th_095_20190224221239c68.jpg

夏のクリスマスは初めてで、最初は慣れなかったけれど
帰る頃にはクリスマスの飾りもすっかりなじんだ。

th_096_20190224221240465.jpg

日本の空港は煌々と明るいライトが点っているけれど、
シドニー空港はしっとりとした雰囲気。

th_097_201902242212427ea.jpg

ホテルのロビーにいるような気持ちにさせる。

th_098-2.jpg

時間がまだまだ余っていたので、シドニー空港のラウンジへ。

th_099_201902242212451fd.jpg

なかなかの品揃え。
メニューはお酒を飲む人向けに充実してる。

th_100_2019022422124630e.jpg

さて、この後は21時30分のひこうきでに乗り、朝方5時5分に羽田空港着。
飛行機の中で寝ていたので、普通の目覚め。

そのままエリカ実家までマロンとブレアを迎えに行きます。

th_101-2.jpg

ただいま。

エリカ実家で久しぶりに日本食の朝食を食べて、のんびり家に帰ります。

変な時間に家に戻ってきておかしな感じ。
テレビを見て、ゴロゴロして、あっという間に当たり前の日常に逆戻り。

そうそう、これが「幸せ」ってやつなんだっけな。

女3人でシドニー入りをして、前入りしていた男3人合流。
6人でシドニーを楽しんで、4人でエアーズロックへ。
4人で戻ってきたシドニーも最後は2人になって、慌ただしく内容の濃い1週間だった。

ウルルのあの赤い砂漠。
灼熱の暑さと水気の無い空気。
初めて行った場所なのに、何故か懐かしささえ覚えたあの場所。

引っ張ってもらいながら必死で登ったエアーズロックも、
一人で冒険して丘の上から眺めたエアーズロックも。
今では何よりもいい思い出。

いつかまた必ずあの場所へ。
何よりも願う旅行になった。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング