FC2ブログ

ブレアの腰椎ヘルニアについて

th_BZGN8855.jpg

ゴールデンウィークはブレアの腰椎ヘルニアで完全ステイホーム。
現在もその状態は継続中。

そんなブレアの病状について、記録の為に残して置こうと思う。

th_SXTQ5767.jpg

ゴールデンウィーク中の5月3日。
気分転換につれだしたドッグランでブレアはいつものように元気に走り回る。

帰り際に、なんとなくブレアの歩き方がおかしいことに気づく。
本当になんとなくなのだけれど、少し腰を丸めて歩くような歩き方。

歩行困難な感じはないので、そのまま家に帰って様子を見る。

その日の夜、歩き方に明かな変化が・・・・・

・後ろ足に(両側)に力が入らない。
・腰を丸めて歩く
・触ることやなでることに拒否感は無し(痛みはない?)
・足を曲げても痛がる様子も無し(されるがまま)
・足をくすぐるといつも通り引っ込める(麻痺はなさそう)

th_DZKW2750.jpg

翌日の5月4日。
朝一番で動物病院へ。
レントゲンの結果は「胸椎〜腰椎ヘルニア レベル2」

ヘルニアはレントゲンではハッキリとは病変が写らず、もしも確実な診断が必要であればCTやMRIが必要。
ただし全身麻酔になるので、今の段階では必要ないのでは?という見解。

シッポも振っているし、足を引きずることもなく、麻痺も無し。
手術をするレベルではない。

投薬と絶対安静で様子を見ることに。

<投薬> オンシオール 半錠 朝 (消炎鎮痛剤 →おなかを壊す可能性大)
     サイトテック 1/4錠 朝晩(胃薬)
     アンチノール 1粒 朝晩(心配性のうめちゃんが出来ることなら何でも!!と処方してもらった)

th_CNNT4060.jpg

薬を飲み始めること翌日から、ブレアのおなかの調子が悪くなる。
夜中にトイレに起きるたびに、うめちゃんと私も飛び起きて片付け。
数時間おきに起きるという寝不足の日が続く。

私達はいいのだけれど、トイレに行くたびに辛そうに腰を曲げるブレアがかわいそう。
仕方が無いので止瀉薬の「デルクリア」を服用。

後日、病院で「デルクリア」よりも強めの「ディアバスター」と「ビオイムバスター」を処方してもらう。

現在でも緩めではあるけれど、最初の頃よりは回数も状態も少し良くなってきた。

th_UNAP2070.jpg

さて、ここで一つ問題。
ブレアの腰椎ヘルニアの介助のため、ブレアばかり優先していたせいなのか、
マロンまでおなかを壊すように・・・・・。
いつも違う雰囲気を感じ取り、ストレスが原因か。

フードは手作りゴハンをやめて、完全ドッグフードのみに変更。
それをフードプロセッサーで粉状にして、ぬるま湯でふやかしペースト状に。

色々調べたのだけれど、手作りゴハンでドッグフードと同じだけの栄養分をまかなおうとすると、
ものすごい量を与えなければいけなくなってしまい、かえって胃に負担をかけてしまう。
ビタミンやカロリーをなるべく胃に負担なく与えるにはドッグフードを消化良くあげることが一番。

なんだか美味しく無さそうだけれど、マロンもブレアも治るまではドッグフードにシフトチェンジ。

幸いマロンの症状はそんなにひどくないので、マロンファーストを心がける。

th_CCPW1998.jpg

今思えば、こうして症状が酷くなるまでに気づいたことがある。
お散歩中にたまに聞こえるナックリング音。
小さな頃は聞こえなかったので、ここ最近のものだと思う。
うめちゃんと散歩中も「聞こえるね」なんて話していたことも。

見た目には足を引きずる様子も、歩きにくい様子も、爪から出血も見られなかったので、
気のせいかななんて思っていたのだけれど、それも前兆だったのかも。

症状が悪化してからかれこれ2週間。
少しだけ歩けるようになると、飛んだりはねたりしてしまうので、
なるべくテンションを上げないように過ごしている。

腰椎ヘルニアは治ることはないので、上手に付き合っていくしか無い。
お散歩も行けずに退屈だろうけれど、しばらくは安静にね。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサーサイト



一年に一度の例のヤツ

th_IMG_6042.jpg

心なしか不安げなマロンの表情。

そう、今日は一年に一度の例のヤツのために病院へやって来た。

th_37514.jpg

狂犬病ワクチン。

今回は接種後の「キャン!!」もなく、ふたりともおとなしく接種終了。

th_IMG_6057.jpg

新型コロナの影響で、我が家の地区では指定場所で行われる集団接種が延期に。
マロンとブレアはいつも病院で接種しているので大きな問題は無いけれど。

OPENと同時に行った動物病院は一番乗り。
接種を終えて診察室のドアを開けると待合室はものすごい人と犬の数。

そういえば今朝のニュースで、自宅待機の人が増えているせいか、
動物病院が混んでいると言っていたっけ。

ただでさえ狂犬病ワクチンやフィラリア検査で混んでいる今の時期、
狂犬病予防注接種射期間. 毎年4月1日〜6月30日をもう少し延長してもらえたらいいのだけれど。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブレアの血液検査の結果と我が家の病院騒動

th_IMG_4972.jpg

前回の病院騒動のついでにブレアも今年の残りの健康診断。
エコーやレントゲン等、その他の検査は2月に施行済みなので、血液検査のみ。

項目はマロンと同じく、末梢血液検査+生化学検査20項目+CRP定性。

結果は全て異常なし。
マロンもブレアも7歳と8歳にしてはどこも異常がなく、健康体とお墨付き。

フィラリアの検査も陰性でした。

th_IMG_4993.jpg

かれこれ病院騒動はマロンが小さな頃からで、
マロンが「足を舐めて気にする」ということで病院へ行けば、
マロンの肉球にレモンの種が挟まっていただけだったり。

家で使っていたパソコンのマウスがどこを探しても見当たらず、
「ブレアが食べちゃった!!」と大騒ぎ。
(ブレアならやりかねないという疑惑満載・笑)
これには先生も苦笑いだった。
結局ゴミ箱に捨てていたんだけど。

マロンが「キャン!!」と鳴けば、それはおしりに付いていた小さな小枝にビックリしただけだったり。

th_IMG_4999-1(ドラッグされました)
↑最近のマロンとブレアのデザート。栗カボチャと鶏そぼろの山羊ミルク煮

今思えば早とちりが多くて、
病院に行く前にもっと確認をしてから行けばいいだけなんだけどね。

結果、何も無いからいいようなもので。
変化があるとすぐに病院に駆け込んでしまう我が家です。

ともあれ、マロンもブレアも健康診断では大きな異常もなく、
取りあえずは一安心。

今年も元気に楽しく過ごそうね。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

真夜中のキャン!!で病院騒動

th_IMG_5613.jpg

先日の夜中。
寝室で寝ていたマロンが「キャンッ!!」とひと鳴き。

th_IMG_5609.jpg

何事かとビックリして、マロンの様子をうかがうと何かに怯えた様子。
どこか痛いのか、何かあったのかと調べてみてもおかしなところは無い。

その後は普通に寝ていたので、そのまま朝まで様子を見たのだけれど
翌日の朝もソファの上で移動するときに「キャンッ!!」とひと鳴き。
なんだか不安げな様子。

th_367241.jpg

不安そうなこと以外は足を引きずる様子も無いし、食欲もあるのだけれど、
念の為病院へ連れて行くことに。

th_IMG_5620.jpg

問診ではひとつひとつ関節の診察。
手足を曲げたり伸ばしたり。

特にいたがる様子も鳴く、むしろ気持ち良さそうにストレッチ。

th_IMG_5622.jpg
↑診察台に載せるといつも腰が抜ける

心配なので、エコーの検査と血液検査。
人間の健康診断で行う項目よりもたくさんの項目をリクエスト。

結果は問題無し。
血液検査は何一つ引っかかることなく全て正常値。

エコーの検査でも内臓には異常なし。

th_IMG_5623.jpg

そういやマロン。
小さな頃から、思いがけないこと起きたりすると(特に自分が想像していたことと違うことが起きたとき)
「キャン!!」ひと声鳴くことがあった。
最初の頃はすぐに「キャン!!」と鳴くので、心配していたけれど、
どうやら「キャン!!」はマロンの「いやん!!」という言葉らしい。

まさか今回もそれなのか。

その話をすると先生も「マロンちゃんは女の子ですねー」と笑ってる。
「怖い夢をみたのかもしれませんね」ということで取りあえず家に帰る。

th_37851.jpg

そして家に帰ってからマロンのおしりの毛の中からこの小枝が発見される。

まさか・・・・・

どうやらこの小枝が悪さし、マロンのおしりに違和感を与えていたらしい。
動くたびにおしりに当たるこの小枝に、マロンは一生懸命「いやん!!」と言っていたようだ。

小枝を取り除いてからは「キャン!!」と鳴くことは無くなった。

いや、マロン・・・・
しょぼい。しょぼすぎる。

うめちゃんは、そんなマロンが女の子らしくてかわいいとメロメロです。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

マロンとブレアの健康診断【病院記録】

th_IMG_2389.jpg

2020年1月22日。
例年より1ヶ月ほど早いけれど、マロンとブレアの健康診断へ行ってきた。

th_IMG_2553.jpg

検査項目は
 ①心臓エコー
 ②胸部、腹部、全身のレントゲン
 ③腹部エコー
 ④全身の触診検査

 ※目の検査は12月のブレアの角膜貫通の際にマロンも一緒にしっかり検査をしたので今回は無し。
 ※何回も針を刺すのはかわいそうなので、血液検査は春のフィラリア検査の際に同時実施予定。

マロンは持病の胆泥の様子、ブレアは前回の健診で見つかった脾臓の腫瘍について
特に重点的に診てもらうようにお願いする。

食事を抜いて9時半に病院に連れて行き13時にお迎え。

th_IMG_2560-2.jpg

【マロンの結果】

前年度にくらべ時に大きな変化も無く、今後も現状を維持。

昔からあった三尖弁の逆流はごくごく軽度のまま。
僧帽弁の逆流も限りなくゼロに近い。(ずっと見ているとごくたまにほんの少しの逆流がみられる程度)
心臓の大きさも変わらず。
その他の臓器も異常なし。

2019年3月からウルソに加えてスパカールを飲んでみたので、胆泥の様子も気になっていたけれど、
こちらも前年度と変わらず。
悪化をしていないということだけでも、スパカールの効きはあるのでは?という見解。
ウルソとスパカールは人間でも副作用のほとんどない薬なので、
このまま継続してみようと思う。

th_IMG_2708.jpg

【ブレアの結果】

前年度にくらべ時に大きな変化も無く、今後も現状を維持。

けれど、心臓は昨年の検査でマロンよりも悪いことがわかっているので、今後も注意は必要。
心臓はやや大きめではあるけれど、気管が押し上げられている様子もみられない。
昨年の検査でみられた三尖弁、僧帽弁、肺尖弁の逆流は今年も変わりなく少なめ。
「心臓に関してはマロンもブレアもまだ入り口にも立っていない状態」と言われて少し安心。

脾臓の腫瘍に関しても大きさは1年経っても4mmのまま変わらないので、今のところ悪性の心配は無し。

th_IMG_2695.jpg

ふたりとも大きな問題は無くてひとまず安心。

次は春にフィラリアの検査と一緒に血液検査だ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

マロンの白内障の進行は?【病院記録】

th_IMG_0500.jpg

ブレアの目の充血を診察してもらうために病院へ行った日。
目の専門医の先生に診てもらうついでに、マロンの白内障の進行チェックをしてもらった。

th_IMG_0519.jpg

2019年2月の検査では「進行性のものではなく、年齢的な症状」との診断だった右目。

あれから10ヶ月。
その後の経過はどうだろう。

th_IMG_0509 2

眼球の詳細が調べられる超音波検査も施行。

エコー検査では
 ①水晶体の「白さ」をcheck
 ②水晶体の「厚さ」をcheck
 ③緑内障や網膜剥離の状態の有無
を診ることが出来る。

表面からではわからない、目の裏側まで診ることができる。

th_IMG_0525.jpg

恒例の腰が抜けるマロン。
診察台に上がった途端にヘナヘナと力が抜けて、
何度立たせようとしても軟体動物のようにぐにゃりとしてしまう。

th_IMG_0497.jpg

※例のごとく、先生は丁寧に説明してくれるので、書いてくれたメモを記録の為に載せておく。

マロンが施行したのは
 ①超音波検査
 ②スリットランプ:眼の全体像のcheck
 ③フローレス染色試験:角膜に傷が無いかのcheck

の3項目。

th_IMG_0573.jpg

眼の構造と、今後注意すべき点を絵に描いて説明。

白内障は視力が低下するだけではなく、
進行すると「水晶体原性ブドウ膜炎(ILU)」と呼ばれる眼の炎症を引き起こして、
緑内障(眼圧が上昇する病気:高眼圧)へと移行してしまう可能性がある。
この高眼圧が48時間〜72時間を続くと失明を招くと言われている。


難しい言葉は省くと、

  水晶体の中身が眼の中に溶け出す場合がある
     ↓
  眼の中で強い炎症が起きる
     ↓
  とても痛い!(目をしょぼつかせる)
     ↓
  炎症が酷くなり「水晶体ブドウ膜炎」になる
     ↓
  炎症細胞が眼の水分の排出口をつまらせる
     ↓
  水が出ていかないため眼球がパンパンになる「高眼圧状態」=緑内障
     ↓
    失 明

眼に強い炎症反応(=眼をしょぼつかせる)がある段階でいかに早く発見して炎症を食い止められるか
ということが、白内障と付き合っていく際に重要になるいうことだ。

th_IMG_0572.jpg

白内障のステージは

 初発 → 未熟 → 成熟 → 過熟期(ILUになりやすい時期)

マロンの白内障は「初発」の段階。
程度はごくわずかで年齢的なものという診断。

th_IMG_0575_201912202037219d7.jpg

白内障に似ている症状で「核硬化症」というものもあり、
こちらは6歳頃からだれでもみんな起こる症状。

水晶体の中で細胞が固まってしまい、中心がカチカチに。
白内障と同じように水晶体が白く濁るのだけれど、こちらは老化の一種なので治療の必要性はないのだそう。

th_IMG_0581-2.jpg
      
こちらがマロンの眼のエコー写真。

写真上方向が眼の角膜側。
下方向が眼の裏側となる。

th_IMG_0583-2.jpg

眼球の大きさ 右目21,7mm 左目21,6mm
角膜の厚さ  両目とも7,2mm

眼球の大きさが2cmちょっと。
それさえも可愛い。

いつもは見えないマロンの眼の裏側がなんてかわいいんだろう。

th_IMG_0553-2.jpg

そしてこのエコー検査は、
白内障などの眼の老化や異常が見られないうちに一度検査をしておくことをお勧めする。

異常が出たときに、健康だったときの内部構造と比較することがきでるからだ。


ブレアの角膜が貫通するという痛々しい思いをさせてしまっただけに、
眼の大切さを改めて痛感。
ブレアの角膜が治った頃に、ブレアも眼のエコー検査をしておこう。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

え!?ブレアの角膜が貫通って【病院記録】

th_IMG_0515_20191220192847dc2.jpg
↑目が開けづらそう

ここ1週間、ブレアの目が充血(右目)
以前にも同様の症状があって病院に行ったことがあったので
いつもの点眼をして様子を見ていた。

th_IMG_0512 2

一向に治る様子もなく、充血がひどくなる一方なので病院へ行くことに。
ブログに病院での記録を残しておこうと思う。

th_IMG_0547.jpg

いつも行っている病院には目の専門医がいるのでその先生をご指名。
ブレアの目をのぞき込んだ途端、
「あれ!目で見えるくらいの大きな傷が出来てます。ここ凹んでいるでしょう?」

確かに・・・・
光を当ててみると目で見えるくらいの凹みがある。

先生曰く「ブレアの右目の眼球に傷があり、その傷の周りが浮腫している状態」なのだそう。

th_IMG_0539-2.jpg

そのまま必要な検査をしてもらうことに。
行ったのは・・・・

①スリットランプ:目の全体像のcheck
②フローレス染色:角膜に傷があるかのcheck
③結膜細胞診:目やにのcheck

th_IMG_0577-1(ドラッグされました)

【症 状】
 充血、しょぼつき、角膜潰瘍、浮腫、目やに

th_IMG_0585.jpg

【結 果】

 前房フレアに異常なし=目の奥に炎症のサインは無し=目の外側だけの問題

 まずは一安心と言いたいところだけれど、
 4〜5層の重層扁平上皮という構造から出来ている角膜は全て貫通。

 角膜を通り越し、実質部分まで傷が達しているらしい。

th_IMG_0579_2019122019344293d.jpg

 結膜細胞診では「球菌」と呼ばれる細菌と「好中菌」が多数検出。
 「好中菌」は「球菌」を倒すためにブレアの体内から増えて集まった菌。

 この「球菌」には角膜を溶かす能力があるため、
 角膜に傷のある状態でこの「球菌」がいる状態ではこのまま傷の穴が広がる可能性大。

th_IMG_0544-2.jpg

【原 因】
 
 涙を構成しているのは水分(塩分)・糖質・油分なのだけれど、
 以前ブレアの涙の質を調べてもらった時、ブレアの涙には油分がとても少なかった。
 サラサラの蒸発しやすい涙のため目が乾きやすい状態、いわゆるドライアイだった。

 しかも瞼の脂を出す場所、マイボーム腺がつまり気味なのだという。
 これは年齢的な老化もあるという。

【予 防】
 
 今後の予防としては、こまめにヒアルロン酸の点眼をする。
 マイボーム腺のつまりを防ぐために人肌程度のタオルで目の周りを温める。
 (これは気の持ちよう程度)

th_IMG_0591.jpg

4種類の目薬を処方してもらい、1週間以内に再診予定。

このまま傷の潰瘍が深く広がっていたら大変なことになっていたね。
もっと早くに病院に連れて行ってあげればと大反省です。

しばらくはエリカラ生活が続いてしまってごめんね。

なるべく目を休めて、早く元通りの生活にもどろうね。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブレアの予防接種と病院でのひととき

th_IMG_0216.jpg

今日はブレアの予防接種の日。

th_IMG_0210.jpg

病院へ行く前に近所をお散歩。

th_IMG_0209.jpg

12月だというのにコートが必要ないくらい暖かい日中。

th_IMG_0241.jpg

病院へ行き診察室に入ると、付き添いのはずのマロンがブルブル震え出す。
足元でいつものようにへなへなと腰が抜けて、何度起こしても立てない様子。

診察台の上ではブレアが断固注射拒否。
私の肩の上によじ登り、サーカス状態。
先生が苦笑しながらブレアを引きずり下ろし、なんとか注射終了。

それと共にマロンが今にも逃げ出したい様子で診察室の扉を「開けろ〜!!」とガリガリ。

大騒ぎの中、恒例の予防接種は完了。

th_IMG_0242.jpg

待合室では生後4ヶ月のキャバちゃんと遭遇。
ブレンハイムスポットのキレイに入った美人さん。

ご近所同士、これからはちょくちょくすれ違うこともあるのかな。

th_IMG_0232.jpg

病院から出る頃には二人とも家に帰りたくて仕方ない様子。
すごい勢いでリードを引っ張って家まで連れて帰られた。

マロンは7歳10ヶ月、ブレアは6歳7ヶ月。
たった4ヶ月の子と並んだときに、時の流れを感じた。
これから楽しくて幸せな時間を同じだけ刻めるのがちょっと羨ましくも感じた。

歳を重ね、目の周りに少しずつ白い毛が出始めてきたマロン。
4ヶ月の子と並ぶとやっぱり歳を感じるな。

マロンやブレアが4ヶ月の頃を思い出し、
ここまで積み重ねてきた幸せな時間を思い返し、
改めて、一緒に過ごした時間に心からありがとうと思うのでした。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ちょっとだけ病院記録

th_IMG_2314.jpg

6月24日(月)

ブレアの脾臓の影の経過観察のために病院へ。

今年3月に発見された脾臓にある影。
当時の大きさ:3.3mm×4.8mm
   
「脾臓に出来る悪性腫瘍は非常に死亡率が高い。
 悪性の場合、1ヶ月〜2ヶ月で死に至ることもある」

1回目検査日 2019年3月12日
2回目検査日 2019年3月28日 大きさに変化無し
3回目検査日 2019年4月17日 大きさに変化無し
4回目検査日 2019年5月9日  大きさに変化無し
5回目検査日 2019年6月24日 2.8mm×3.6mmに縮小?

心配すぎて3ヶ月に5回のエコー検査。

【今回のエコーの結果と今までの考察】
 #1 影の大きさ2.8mm×3.6mm
 #2 エコー上は小さくなっているが、これは向きの問題かも知れない。
 #3 大きくはなっていないので現段階では悪性の可能性は極めて低い
 #4 脾臓の外側では無く内側
 #5 良性の血管腫か?

いずれにせよこの影の正体は脾臓を摘出してみないとわからないので、
今後は少し時間を空けてエコー検査を継続。

次回は半年後をめどに言われたけれど、心配なので3ヶ月後には行っちゃおう。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

絶対にお勧めしたい病院のあれこれ。

th_DSC07455.jpg

ブレアの脾臓腫瘍の経過観察のため病院へ。
前回の血液検査で「リン」と「リパーゼ」が少し高かったので、そちらの再検査も。

マロンの胆泥について、「スパカール」服用開始後の経過も見たかったので
マロンについてはエコー検査を。

th_IMG_0032.jpg

まずはマロン。

「スパカール」は胆泥を胆道に流れやすくするための薬。
ウルソ同様に副作用もほとんど無いので今年2019年3月より開始を試しみた。

本日のエコーの結果
「エコーに写る胆泥の影が小さくなっている」

ただし、胆泥の向きや角度によってそのように見えている可能性もある。
胆泥の堅さは前回同様に少し固め。
(エコーには固さが黒い斜影になって映り込む)

引き続き「スパカール」と「ウルソ」を服用を。

th_IMG_0041.jpg

そしてブレア。

前回4月17日の血液検査で値の高かった「リン」も「リパーゼ」も正常値内になっていた。
一時的なものであったと判断。

3月に発見された脾臓にある影。
本日のエコーの検査では大きさに変わりはなし。
(3.3mm×4.8mm)

今後も定期的に検査をしていく方向で。


我が家の行っている病院は、獣医師が常に2〜3名常勤している。
病院に勤めている私が絶対にお勧めしたいこと。
「決まった先生に診てもらわずに、なるべく色んな先生に診てもらう」ということ。

動物だけでなく、人間にも言えることなのだけれど
先生といえどもそれは人間。
思い込みや間違いや勘違いは必ずある。

他の病院に行けとまでは言わないけれど、同じ院内に先生が数人いるのであれば
複数の目で診てもらったほうが絶対にお勧め。


実際、私が勤めている病院でも、
いつも決まった先生を指名する患者さんが、たまたま他の先生に診てもらった時に
大きな病気が発見されたということが本当に良くある。

また、複数の先生に予め病態や症状を知っておいてもらうのも
緊急時には早い話になる。

同じ病院の中で、セカンドオピニオン、サードオピニオンが出来るのであれば
それはとてもラッキーなことだ。


マロンとブレア。
大好きなその温もりが永遠でないことはわかっている。
それでも最後の最後までふたりが苦しむことのないように。
うめちゃんと私で最善の方法を見つけていきたい。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング